はぐれた自分に逢いに行く道




人生の中で

最も重要な事は

あなたが幼い頃に

はぐれてしまった自分を

探し当ててしまい




二度と はぐれないように

その自分で生きてしまう事です。




それは簡単な様で

とても難しい事です。




もしも それを

実現する事が出来れば

あなたは とても幸運な人です。




あなたが

幼い頃に見失ってしまった

本来の あなたは 時を経れば経るほど

探し出す事が とても困難に成ってしまいます。




それは あなたが

人生を 生きる中で どんどんと

本来の あなたから遠ざかってしまう

生き方をしてしまうからです。




あなたの はぐれてしまった

あなたは 本当は直ぐ傍に在るのだけれど

今の あなたの生きている場所からは

遥か遠くに離れてしまっています。




物理的には

直ぐ傍に在るのだけれど

精神性の中では遥か遠い場所に

離れてしまっていると言う意味です。




それは

あなたが

遥か遠くにまで

旅をしてしまったからです。




行き着く先の 決してない

果てしのない旅に あなたが出て

しまったからです。




そして それは

残念ながら意味の無い旅に

終わるしか無い旅なのです。




あなたが人生を

生きる中で無理や背伸びを

自分に強いて歩けば歩くほど あなたは

どんどんと 本来の あなたから

遠ざかり 本来のあなたを見失って行きます。




あなたでは無い

あなたの姿を あなただと思い込み

その あなたを より一層大きくし

強く磨いて行くことこそが人生を生きる上での

あなたの最大の関心事になってしまいます。




外側の あなたの姿である

無理をしたり 背伸びをする場所を

磨けば磨くほど あなたは勘違いをしてしまい

自分が偉くでも成れたかのような錯覚を起こしてしまいます。




たまたま背伸びをしたり

無理をしたりして何かが出来た事が

自分の力であったり 自分の能力で有ると

思い込んでしまうのです。




けれど あなたは

四六時中 無理や背伸びを

している訳には行きません

無理や背伸びをしていない時の

あなたも含めた姿こそが あなたの姿なのです。




けれど

あなたは

何かが出来ている時の

自分の姿だけを見つめて

あなたの姿だと捉えてしまい

何も出来ていない時の あなたの姿は

あなたの把握をする材料の中には

全くと言って良いほど入っていないのです。




そして

あなたの見つめている

あなたを維持する為に

常に無理をしたり 背伸びをする時間が

どんどんと 多くなって行ってしまい

だんだんと疲れ果ててしまい 無理や背伸びなど

出来なくなって行ってしまいます。




その先には

何も無いです。

あなたが どんなに探し回ったところで

その先には新しいやり方など隠されてはいません。

疲れ果てて それ以上前には一歩も進めなくなってしまいます。

それは あなたを疲れさせボロボロにしてしまう道です。

そもそも探す方向が間違えているのです。




あなたが背伸びをしたり

無理をしたりする方向の先を探すのではなく

あなたが無理をしたり 背伸びをする度に

あなたの中に否定をして来ていた

無理や背伸びなど全くしていない時の

大した役にも立たない様な あなたこそが

本来の あなたの姿であり 未来を握り

未来を宿す 唯一の あなたの姿です。




その場所こそが

あなたの帰る場所で在り

あなたの辿り着くべき場所です。




幼い頃に あなたが はぐれてしまったまま

探し出す事の出来なかった 本来の あなたは

あなたの中に ずっと消えずに保たれ続けていたのです。

あなたが辿り着く日を待ってね




そこに辿り着いてから

あなたに元々与えられていたものたちが

眼を覚まし あなたは初めて人生を楽しみ

味わい 人生の深さを身を持って知る事が出来ます。
























































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html







大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/
[PR]

by 1000nen-ai | 2012-05-23 11:34 | 恋愛 | Comments(0)  

<< 瑞々しく新鮮な いのちと歩く いつも生まれ立ての 新鮮な あ... >>