あなた自身に 振り回されずに生きるには




あなたの表面に

現れている あなたを見て

あなたを把握しない事です。




あなたは

あなたの表面に

次々と現れる喜びや

悲しみや 怒りや 憎しみや

妬みや 憤りや 不満

あなたは それらの中の どれでもない。




そこには

あなたはいない。




それは

あなたの表面に

起きてしまっている

心の表面の お天気の様なものだよ。




泣いてる時も有れば

笑っている時も有る。

怒っている時も有れば

暗く憂鬱そうに沈んでいる時も有る。

喜んでいる時も有れば 妬んでいる時も有る。




そんな様々に

色合いが移り変わる所に

あなたを見い出していたら

あなたの人生はボロボロになってしまう




その場所の中の

どれもが あなたなんかじゃない。




あなたは そんな

あなたの表面になどは居ない。




もっと

深い場所に

本物の あなたは居る




あなたの表面で起きる

様々な心の激しい動きさえも

あなたの本当に居る場所までには届かない。




そんな喧騒の中に

あなたを見い出してしまっていたから

あなたは苦しみ続ける事に為ってしまっていました。




それらを

後にする事が出来なかったのは

そこで体験する大きな喜びの方を

あなたが後にする事が出来なかったからです。




あなたが

その場所の中の

喜びを味わってしまっていたなら

その喜び分の苦しみを あなたは必ず

味合わなければ為らなくなってしまうのです。




どちらか片方だけ

都合の良い方を味わい

もう一方の都合の悪い方は

味合わなくて済む方法など無いのです。




片方を選んでしまったなら

あなたは もう片方も

選択してしまっているのです。




どれも

プラスとマイナス

表と裏で 二つで ひとつのものなのです。




ですから

その場所を

後にするには

都合の悪い方を味わいたく

無いからという安易な考えからではなく




都合の良い方を

二度と味わえなくなったとしても

構わない覚悟さえ あなたに出来れば

それだけで その場所を後にする事が出来ます。




そして

その領域を

後にする事が出来たなら

あなたは これまでの様に

自分の心の表面で起きている

喜びや怒りや 不満や憤りなどに

いちいち一喜一憂をしたりなどしません。




あなたが 

その場所の中に 

あなたを見い出してなど居ませんから

それらは単にひとつの景色にしか過ぎません。




嬉しい事でも

悲しい事でもないのです。

それらの どれもが一定時期を過ぎたら

自然に去って行く事までもが見えて来てしまいます。




あなたが

それらに対して

心を痛めたりする事では

無かったのです。




その中に

あなたを見出す事の

無くなった あなたは

あなたの中の もっと深い場所に

静かに横たわる手付かずの

純粋無垢な 空間の存在に

いつか 気づく事が出来ます。




そして

それこそが 

あなたの 本当の姿です。

今度こそ 見失っては駄目です。




見失うのは

あなたの心の表面の

嬉しい心の動きや 楽しい心の動きに

あなたの目を奪われてしまうからです。























































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html







大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/
[PR]

by 1000nen-ai | 2012-06-29 10:31 | 恋愛 | Comments(0)  

<< あなたの背後に潜む存在の大きさ 本物の あなたを信じて上げる >>