心細さを感じている感覚の場所で 改めて心細さを感じて上げて しまえば あなたは満たされてしまう




あなたが

あなたの中を

見つめ続けた果てに

本来の あなたの姿で在る




それまでの

あなたが思っていた

あなたさえ居なかった

何も無い空間としての姿を

探し出してしまった事は

とても凄い事なのです。




だって

あなたは

真実の中に分け入り

真実中の 真実を見つけ

出してしまったのですから。




確かに

凄い事なのです。

けれども そこは

まだ真実の途中経過の

状態に過ぎなかったのです。




真実の

ある一面を

あなたは見破って

しまっただけだったのです。




その証拠に

あれほど確かに

実感で解る事の出来た

本来の あなたの姿の実感が




既に

消えかかって

しまっているのが

あなたの中でも感じられて

いるのが解るからです。




その時に

あなたは先程

解る事が出来た

真実の 何も無い空間を

発見した時の感覚を思い出そうと

してしまうのです。




そうです。

記憶を甦らせて

再び 本来の あなたの

姿で在った何も無い空間の事を

思い出そうとしているのです。




あなたの

記憶の中を必死で

探し始めてしまうのです。




そうなって

しまったなら

アウトです。




何故ならば

それは誤魔化しに

過ぎないからです。




いくら

思い出す事が

出来た所で それは

既に実体では無く




過ぎ去って

しまった過去の

記憶に過ぎないからです。




それよりも

もう既に つい先程の

あなたの見たものが無いと言う

あなたの中の新しい実感の方こそを

見つめて上げたら良いのです。




あなたの中に

感じられている

新たな実感に素直に

成って上げてしまえば

良いだけなのです。




あなたの中の

新しい実感は つい

先程までに解る事の出来た

凄い真実でも有る それまでの

自分さえもが居ない 何も無い

空間こそが真実の自分の姿だと

解る事の出来た その何も無い空間が

既に此の場から消え去りかかってしまい

実感が薄らいでしまっていると言う実感です。




その実感に

正直に成って

上げたら良いのです。




その実感に

正直に成って上げたなら

本当に先程までの実感で得られた

何も無い空間としての姿が既に消え去り

無くなってしまい




本当に

その場には

何もかもの全てが

無くなってしまった実感が

顕わと成っています。




その顕わと成った

真新しい実感の何もかもの

全てが無くなってしまった心細い

実感を あなたが受け容れて

上げてしまうと




完全に

それまでの

自分の見つけた

真実の空間は根こそぎ

全てが無く成り消え去って

しまっている事を改めて

実感する事が出来てしまいます。




そして

本当に何もかもの

全てが無くなってしまった

実感が込み上げて来てしまいます。




その

何もかもの

全てが無い

実感こそが新たに

その場の中に生まれて

来ている 何も無い空間としての

あなたの姿だったのです。




逃げ出したり

誤魔化したりする事では無く

あなたが自ら進んで受け容れて

上げてしまう事だったのです。




何もかもの全てが

秒単位で瞬間単位で

生まれ変わってしまっています。




あなたが解る事の出来た

もの凄い真実だった実感の

何も無い空間としての あなたの姿も

例外では無く この場から消え去ってしまう

風前の灯の様な実感に過ぎなかったのです。




けれども

確かに瞬間で

消え去って行くけれども

次の瞬間には全ての真実が

真新しくなって誕生して来ています。




それまでの

古くなってしまった

真実は死ぬけれども その死は

新しい真実の誕生でも在るのです。




だから

あなたの中に

現れた せっかく解る事の出来た

何も無い空間としての真実の あなたが

消え去って行く実感こそが




何もかもの全てが

無くなってしまったと言う

新しい実感を誕生させて

くれています。




その

何もかもの

全てが無くなって

しまったと言う実感が

感じられている所で




何もかもの

全てが無くなっている実感を

改めて 感じ取って上げたら

良いだけなのです。




そして再び

あなたの中に芽生える

つい今しがたまでの実感が

無くなってしまい消え去ってしまった

心細い実感を持って その場に生まれている

何もかもの全てが無くなってしまっている

現実の実感を感じ取って上げたら良いのです。




真実は常に

真新しく生まれ変わっている

生き物なのです。




その

生き物から

置いてきぼりを

喰わない事です。




その

生き物と共に

生きて上げてしまう

事でしか無かったのです。




真実を

見失わずに

生きるコツは




あなたに

駄目な感覚を与えている

何も無い空間としての あなたを




いつも駄目な

感覚を感じられている

あなたの感覚を使って

駄目な あなたのままで

駄目な あなたの姿を何度でも

受け容れて上げてしまえる事だけです。




決して

記憶の中から

過去の体験の何も無い

空間を持ち出さない事です。




あなたを

決して騙さずに

出来る あなたでは無く

いつも駄目な あなたと生きて

上げてしまう事です。




駄目な

あなたこそが

あなたの未来を易々と

切り拓いて行く事の出来る

壮大で豊かな可能性を秘めた

真実の あなたの姿なのです。




そして

その姿は

あなたの足元に

常に真新しく生まれ

続けて来てくれています。








































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html
















大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://人間物語.com/








[PR]

by 1000nen-ai | 2018-06-25 11:45 | 恋愛 | Comments(0)  

<< 真新しい生は 真新しい生まれ立... 駄目な あなたこそが 愛で溢れ... >>