人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 33 )

 

大した事の無い あなたが 受け容れて上げてしまう事で起きる驚異







元気な時には

ちゃんと生きられて

元気で無く成ったらば

ちゃんと生きられなく

成ってしまうなんて変です。




健康な時には

ちゃんと生きられて

病気の時には ちゃんと

生きられなくなってしまう

そんなの変です。




若い時には

ちゃんと生きられて

年老いてしまったならば

ちゃんとは生きられないなんて

それは やっぱり変です。




あなたが

頑張れなく

成ってしまって

来た時ほど あなたが

本当に生きられる場所は

あなたの傍に在り 鮮明で

ハッキリと輪部までを現すかの

様なのです。




そう それは

ちゃんと生きられない

駄目な方の生きる場所の事です。




そこで

あなたが ちゃんと

生きられないのは




あなたが

あなたの中で

ちゃんと生きられるし

ちゃんと頑張れる方の

あなたの事を良しとし




ちゃんと

生きられないし

ちゃんと頑張れない

あなたの事を駄目だと

しているからです。




ちゃんと

生きられない方の

あなたの事を ちゃんと

頑張れない方の あなたの姿を

あなたが受け容れて上げてしまい




良しとして

上げたならば それだけで

あなたは ちゃんと生きられる様に

成ってしまいます。




あなたが

何かで躓き

何かが今迄の様に

上手く行かなく成って

しまった時に 




あなたは

少しづつ駄目に

成りますし 今迄の様に

何もかもが上手く行っていた時の

自分の状態とは明らかに違って

しまっています。




その時には

あなたには自分の

駄目さが鮮明に映っています。




けれども あなたは

再び 元居た場所へと

戻りたくて仕方が有りません。




ちゃんと生きられ

ちゃんと頑張れる場所こそが

本来の生きる場所だと勘違いを

しているのです。




そこが本来の

あなたの生きる場所で

有ったならば あなたが

何かで元気が無く成ったり

年老いて頑張れなくなって

しまったとしたら あなたは

もう ちゃんと生きる事は

出来ない事に成ってしまいます。




やがて

あなたにも

そんな時が必ず

来る事に成ります。




若い頃には

ちゃんと生きられて

年老いてしまったならば

ちゃんと生きられないなんて

そんなの馬鹿げています。




あなたが

健康では無くなって

しまった時とか あなたが

何かで躓き失敗を重ねてしまい

すっかりと自信を失ってしまった時に

見えている あなたの落されてしまった

場所こそが 本当は あなたが ちゃんと

生きられる場所だったのです。




その場所の事を

あなたの中で否定を

してしまっていた事に気づき

堕ちてしまった あなたのままで




落されてしまった

駄目な 場所の事を

ちゃんと生きられない

あなたの事を 受け容れて

上げてしまえば良いだけなのです。




それだけで

あなたが ちゃんと

生きられない場所でも

あなたは変わりなく活き活きと

生きられる様に成れてしまいます。




たった あなたが

あなたの駄目さを ちゃんと

生きられなさを素直に成り正直に成って

受け容れて上げる事をしてしまえた

だけなのにです。




あなたの全ては

あなたが受け容れて

上げてしまえば それだけで

全く様相が変わってしまいます。




それは

大した事の無い

あなたが ただ 駄目で

ちゃんと生きられていない

あなたの事を受け容れて上げて

しまう事だけで起こす事の出来る

驚異なのです。
















































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html
















大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://人間物語.com/


















by 1000nen-ai | 2016-11-07 12:48 | Comments(0)  

あなたの中に隠されたままの 真実を解き明かす道








あなたの中の

弱くて 駄目で 情けなくて

出来の悪い姿をした本物の

あなたと言うのは




本当は

弱くも無いし

駄目でも無いし

情けなくも無いし

出来が悪くも無いのです。




その感覚が

湧き出している

あなたの場所と言うのは




今日の中に

新しく生まれた

純粋で無垢で 

何の汚れも知らない

何も無い空間なのです。




いわゆる

”無”ってやつです。




中身は

何も無いと

言う意味で

”無”なのです。





でも あなたが

怖れずに その無と

向き合い良く見て行くと

それは中側が空っぽの

空間なのです。




それが

”空” 

”くう”と

言います。




その昔に

偉い人が説いた

お話しの中の”無”や

”空”を あなたは小さい頃に

普段から実感として感じられて

いたのです。




ただ あなたは

まさか その無や空を

感じているなんて夢にも

思いませんでしたし




あなたの中では

何も無さは余りにも

不甲斐無い者の様にしか

見えなかった為に人様には

見せずに隠すべき対象でしか

有りませんでした。




そして外側に

あたかも強そうで

出来の良さそうな あなたの

姿を演じて生きてしまっていました。




その方が

褒められるし

好かれるからです。




そうして生きれば

生きる程 あなたの中の

本来の あなたの姿である

無や空は 弱さや 駄目さや

情けなさに映り 物事を強引に

勧めて行く為には邪魔な存在に

為って行ってしまいます。




だから

どこかでは

本物の自分の姿だと

知ってはいたものの自分では

外側に無理をしたり 背伸びをして

演じて作った強くて出来の良い自分の事を

自分の本当の姿だと思い込みたくて毎日の様に

演じ続け自分は強いのだと言い聞かせる事で

生きて来てしまっていました。




けれども

その間だって

ふとした時に あなたの中に

本当の あなたの姿である

弱くて 駄目で 情けなくて

出来の悪い自分の姿の感覚は

何度も押し寄せて来た事が有りました。




その都度

本物の姿を見ないで

済む為に何らかの紛らわしを

して やり過ごしていました。




猛烈に仕事に

のめり込むとか お酒を飲むとか

賭け事に嵌まってしまうとか ゲームをして

ゲームの中に のめり込んだり 恋愛の中に

埋没する事で逃れてみたり 性愛の中に

溺れてみたりと様々な紛らわし方で

あなたは本当の あなたの姿と向き合って

しまう事から逃れ続けて来ていました。




幾ら あなたが

逃れ続けても あなたの中の

弱くて 駄目で 情けなくて 出来の悪い

あなたの感覚から 逃げ出す事は

出来ませんでした。




それは無く成ったと

思っても 必ず何処かで

あなたの前に姿を現して来ました。




本物の あなたの姿から

逃げ回る為の人生と言っても

決して過言では無い位にまで 

あなたの人生はその為だけに

彩られていましたし その為だけに

あなたの人生は有った様なものです。




こんなにまでして

逃げ回らなければ

成らないものなのかを

確かめてしまう事だけは

あなたは まだして来ませんでした。




それを確かめて

しまうだけで あなたは

二度と逃げ回る事などしないで

生きる事が出来てしまいます。




あなたの中の

弱くて 駄目で 情けなくて

出来の悪い あなたの姿は




あなたの中に

新しく生まれて来ている

ただの 何も無い空間なのです。




何も無い空間を

覗き込んでしまうと

空っぽで がらんどうの

空間が在ります。




その空間が

あなたに空虚さや

虚しさや 寂しさや

何も出来なさや 不甲斐無さを

与えていたのです。




その空間の中は

確かに目に見えるものは

何ひとつとして無いです。




けれども

あなたが怖れずに

その空間と向き合い

黙って眺め続けていると

空間の中全体に広がる何も無い

空間さが在る事が解ります。




空間は何も無い

からっぽでは無くて

空間の内部に充満した

空っぽさが在るのです。




何も無いのではなく

そこには確かに満ち満ちた

空っぽさが在るのです。




そして そればかりか

その空っぽさの中には

活き活きとした生の粒子が

溢れる程に充満しているのです。




だから頭で

捉えるよりも

五感をフルに使い

あなたの全ての感受性を

働かせてしまい身体全体で

感じる事の方が正確に物事が

伝わって来てしまいます。




けれども

その感覚が あなたに

伝わって来てくれるのは

あなたが あなたの中の

何も無さそうに見えている

空間を何も無いままで受け容れて

しまう事をして上げていればこそです。




それが

あなたに

出来ていれば

あなたには何もかも

初めて感じられて来て

しまうものばかりなのです。




あなたの中に

毎日 毎時間 毎秒

毎瞬間の様にして何も無い

純粋で無垢で汚れを知らない

空間が誕生して来ています。




それだけが

あなたの中の

真実の姿です。




その真実と向き合い

受け容れて上げるだけで

あなたの中は一瞬の内に

満たされ切ってしまいます。




それが

あなたの事を

あなたが受け容れるだけで

毎日の様に満たされてしまう

今迄には無い 全く新しい

あなたの歩み方なのです。




あなたの中には

あなたが逃げ回らなければ

成らない何ものも無かったのです。




けれども

それは あなたが

あなたの中を怖れずに

覗き込んで初めて知る事の

出来る 真実なのです。






















































































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2015-05-13 12:49 | Comments(0)  

何処までも あなたを手放して行くと出会える平地での歩み






あなたが

あなたの中に

何かを握り 何かを

築き上げてしまうと安心感が

広がり 力強さが生まれるでしょう?




それは長年

あなたの中に

何かを握り 何かを

築き上げてしまう事で

自分と言う感覚を あなたに

与えて来ていたからです。




あなたが

あなたの中に

抱えている一切を

丸ごと手放してしまうと

あなたの中は不安感と

手持ちぶたさで一杯と成って

しまいます。




あなたの中で

握るものが無くなって

しまったからと言って

今度は不安感や 手持ちぶたさの方に

しがみついてしまう事などしないことです。




あなたが

あなたの中に

抱えている あなたを

手放してしまった後に

生まれて来てしまう




不安感と

手持ちぶたさの

ままでは あなたは

余りに居心地が悪くて

居られませんから




そこで今度は

その不安感と

手持ちぶたさを

手放してしまうのです。




その不安感と

手持ちぶたさ感を

消し去り居心地の良い

自分の状態を取り戻そうとして

あなたは再び あなたの中に

何かを握り 何かを見出してしまい

自己を築き上げてしまいます。




この状態の

繰り返しをして行くのが

私達の多くの人間の行う

人生模様なのです。




そうではなく

あなたが あなたの中で

握ってしまっている あなたの事を

毎日の様にして手放してしまいます。




そして

あなたが

あなたの事を

手放してしまうと




あなたは

手持ちぶたさと

不安感に苛まれます。




そこで今度は

その手持ちぶたさと

不安感に苛まれている

あなたごと丸ごとを手放して

しまうのです。




長年 あなたが

やり慣れてしまっている

あなたの中で あなたを見出し

あなたを築き上げてしまう事を

してしまっていた あなたの事を

手放してしまうのですから




あなたが不安に

苛まれたり 手持ちぶたさに

襲われたりするのは当たり前の事です。




そこで再び

あなたの中に

以前の あなたがしていた

あなたを見出し あなたを築き上げて

しまう事で安心感と力強さを与えてしまう

誤魔化しの方向には歩まない事です。




それは不安や

手持ちぶたさの上に

有りもしない あなたの姿を

築き上げてしまい 有りもしない

力強さと 安心感によって あなたを

騙してしまう事なのです。




あなたが勘違いをして

有りもしない あなたのままで

物事に挑んで行って傷ついてしまい

二度と立ち上がれなくなってしまうのは

あなたなのですから。




それよりも

本来の あなたの場所へと

帰る事の出来る道は 有りもしない

あなたの事を毎日の様にして手放して

しまう事の方なのです。




有りもしない

あなたの事を

手放してしまうと




それまで

そこに まるで

本当に有るかの様に

見えていた 安心感も

力強さも共に消え失せて

行ってしまいます。




そして

実際に有るのは

自分を手放してしまった後の

不安感と 手持ちぶたさです。




その不安感と

手持ちぶたさを

抱いた あなたごと

今度は 両方共に

手放してしまうのです。




すると初めて

あなたの中に

何も無くなってしまう

感覚が訪れてくれます。




何かを握った

誤魔化しの 安心感や

力強さでも無くて




それらを

手放した後の

不安感や 手持ちぶたさでも

無くて




それまでの

あなたを手放した後の

不安感や 手持ちぶたさ感までを

手放してしまった後の 何も無さこそが

本来の あなたの姿です。




あなたの

常駐する場所は

その何も無さ感の在る

場所です。




その何も無さとなら

あなたは一緒に居る事が

簡単に出来ます。




何故ならば

そこが あなたの本来の

場所だからです。




なにと

あなたが

一緒くたに成っても

必ず そこへ帰って来る事です。




なにと

あなたが

一緒くたに

成っていたとしても

それらは時間の経過と共に

次々と この場から消えて

実際には 無くなって

しまっています。



だから

あなたは常に

何も無い場所へと

投げ返されていると言う事を




何も無い場所へと

帰って来てしまっていると

言う事に気づいておく事です。




更に その

何も無い場所さえも

次々と手放してしまう事を

忘れない事です。




何故ならば

あなたの居場所は

確かに何も無い場所だけれど

その場所は決まりきった古臭い

何も無い場所などではなくて




常に新鮮で

生まれ立てで

純粋無垢な 何も無い

場所の事だからです。






































































































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html














大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2014-06-17 11:14 | Comments(0)  

あなたが何色にも染められる事の無い場所




あなたの内面の

最も深い場所は

いつでも真っ白な

キャンパスのようなものだ。




いつでも

あなたの表面は何色にでも

成れるけれど その色が あなたの

内面の奥深くにまで達っする事は無い。




だから あなたの目が

あなたの内面の浅瀬で有る

表面に向いたままであれば

あなたは表面の色のつもりに

成ってしまう事も有るけれど 




あなたの目が

あなたの内面の

奥深い本物の あなたの場所まで

見通す事が出来ていれば あなたは決して

何色にも染まる事など無い。




朱に交わっても

あなたは紅く成らない。




表面は紅くなっているけれど

あなたの中味を覗き込めば解かる

あなたの内面は何色にも染まってなどいない

無色透明な あなたのままだ。




あなたが

あなたの表面の色や形や姿に

あなたの目を奪われてしまわなければ




あなたの表面の色や形や姿に

あなたが影響を受けてしまう事は

全く無いんだよ。




あなたの目が

あなたの深い内面にまで

まるでX線の様な目で透き通るようにして

見る事が出来れば あなたは いつでも

どんな時でも あなたの色が無色透明なままだと

言う事が実感で見えてしまう。




だから あなたが

あなたの本来の色である

あなたの内面の無色透明な

空間を一度でも見る事が出来たなら




あなたが たとえ

どんなに最悪な場所の中に

居たとしても あなたが腐ってしまったり

自分の色を見失ってしまう事など有り得ない。




いつでも 何処に居ても

あなたは本来の自分の無色透明さに

帰って来れるようになっている。




そして あなたが

たとえ どんな環境の中に居て

最低最悪な環境の色に覆われて

染まってしまっているかのように

見えたとしても あなたは その色では無い。




何故なら

あなたの内面の奥深くに潜む 

本来の あなたは 何一つとして

病んでもいないし 病む事も無いからだよ。




その奥深くに潜む

あなたこそが 本来の

あなたの姿で在る事を

あなたが見破ってしまい

見通してしまう事が出来れば

あなたは何色にも染まる事のない 

本来の あなたの姿を手に入れてしまう事が出来る。




それが

無色透明な空間にまで

あなたの視界が到達してしまい

あなたの内面の隅々までが

全て開け放たれてしまう事だよ。




あなたは

最悪な色にも成れないし

その逆の最良の色にも成れない

いつでも ただの無色透明なままの姿こそが

真実の自分の姿だと言う事を忘れたら駄目です。




あなたの姿と

世の中の姿も同じ様に

世の中の表面は何かの色で

染まっているかのように見えているけれど

こんなに染められている姿も何十年かしたら

消えて無くなり 今の色とは全く異なる色が

世の中を覆い尽くすようになる けれど

その色だって いつまでも

生き長らえてなどいられないのです。




それは実際には 

世の中が 奥深い所では何色にも

染められてなどいない事を物語っています。

世の中も 奥深い所では 無色透明なままなのです。

それが世の中の真実の姿なのです。




その事実を

解かった上で生きる事こそが

あなたが より快適に生きる事が

出来る秘訣です。



























あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html





大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://ningen-monogatari.com/sub00.html

by 1000nen-ai | 2011-08-30 12:03 | Comments(0)  

あなたの中に潜む 温かくて柔らかな場所




高みに居る

あなたは孤立をしてしまい




平地に居る

あなたの場所こそが

皆と一緒に居られる場所だ。




そこは平地だし

普通の場所だけれど

多くの人達には低い場所として

見えている。




その低い場所は

何かが上手く行かなかったり

何かを失敗してしまったりして

挫折をしたり 失望してしまった時に

初めて あなたは その場所に落とされてしまい

その場所を目にする。




あなたは そんな場所では

自分は駄目になってしまうと感じたり

そんな場所で生きる事など出来ないと感じて

必死になって 元々自分が居た場所まで

這い上がろうとしてしまう。




皆が高みを目指して

無理をしたり背伸びをして

本来の自分に目を背け

本来の自分を否定して

出来の良い自分を目指して

有りもしない自分を目指し

這い上がろうとして行く




それは自らを

孤立させて行き

自分を孤独の中に追い込んで

行く事に必死になっているのだと

言うことも知らずに・・・




あなたが否定をして来た

場所こそが あなたが軽やかに

生きられる場所だし 本当の皆の居る場所だ。




誰もが自分を演じて

無理や背伸びをして生きていて

本来の自分の姿を見失ってしまって

いるばかりか 実際には誰もが

孤立してしまっているのに 自分では

どうして良いのかさえ解からないでいる。




その孤立感や孤独感は 表面の あなたに

どんなに沢山の友達が出来て誤魔化したりしても

そんな事では埋める事など出来ない絶対的な孤独感だ。




第一 そうして集まる人達も あなたと同じ種類の

生き方をしていて 深い孤独感に苛まれているからこそ

支え合う事で どうにかしようとしているだけの事なんだよ。




あなたが本来の

あなたの場所まで

降りて来れてしまうと

そこに本来の皆が居る場所が在る

そこで あなたが生きられるようになると

あなたは 誰とでも昔からの懐かしい

友人達のように深い心からの触れ合いが

簡単に出来てしまうようになれる。




その場所は

誰とでも深い所で

繋がっている場所だ。




人は そこを通い合わせて

自然に触れ合う事が出来る様になっている。




這い上がる

必要なんて まったく無い。




少しだけ

勇気を出して

落ちた場所で

堂々と生きてごらん。




更に落ちたら

その更に落ちた場所に

身を預けてしまい 正々堂々と

生きるだけの事なんだよ。




怖れる事なんて

何ひとつ無いんだ。
































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/mail_kouza.index.html





大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://ningen-monogatari.com/sub00.html

by 1000nen-ai | 2011-06-16 18:13 | Comments(0)  

世の中は 多くの人達の内面の姿が反映されている




あなたが

あなたの中に

長い間 閉じ込め
 
眠らせ続けて来てしまっている

あなたを発掘してしまい

その あなたのままで生きる




あなたが

あなたの中に

眠らせ続けている あなたは

一見すると とても 弱くて

駄目で 情けなくて 何一つとして

一人では出来そうもないほどに

貧弱に見えるし とてもじゃないけれど

そんな自分のままでは人前には出せないほど

出来の悪い自分に見える




あなたが

自分自身に嘘をつかずに

どこまでも正直に成って

自分の内面を見つめていると

あなたの中には そんな

あなたを発見する事が出来る。




あなたが

小さい頃から

当たり前のようにして

身に付けて来た 無理をしたり

背伸びをしたりして生きている

生き方と比べると あなたの中に

あなたが閉じ込めている あなたは

確かに弱そうに見えるし

駄目そうにも見える




けれど

それは あなたが

無理をしたり 背伸びをする

あなたと比べているからだ。




あなたは

ひょっとしたら

あなたが普段生きている方の

無理をしたり 背伸びをする

あなたに騙されてしまって

いるのかも知れないよ。




だって

その あなたと比べたら

無理や 背伸びなどしていない

あなたは小さく見えるし貧弱にも

見えてしまうかも知れないけれど

本当は それが等身大の あなたの

大きさなのかも知れないよ。




あなたが普段

生きている あなたのままでは 

やがて年齢と共に その無理や

頑張りなど出来なくなって来てしまう。

第一 普段の あなたを目を凝らして見たら

実際には そんなに大層な あなたなんかじゃない。




見栄を張り大きく見せたり

人よりも優れているように

振舞っているだけかも知れない

案外 上げ底で 中味など 

空っぽなのかも知れないよ。




自然じゃないから

無理をしているから

続かなくなってしまう。

勘違いをして捉えた あなたの姿が

いつまでも続かないのは当たり前の事だよ。




あなたの内側から

中味の詰まったままで

自然に大きく膨れ上がって来たものではなく

外側だけで必死で無理をしたり背伸びをして

演じているだけの あなたの姿なのかも知れない。




それが

今の世の中の

姿のように私には映るのです。




あなたの姿でも在り

多くの人達の姿そのものが

世の中の姿となって反映されてしまっている。




だとしたら

その姿を変える事は

意外と簡単で 誰もの中に

その解答が在るのです。




あなたの中に

あなたが勘違いをしたままで

閉じ込めてしまったままでいる

あなたを探し出してしまい

その あなたのままで生きる時に

世の中の姿も大きく変わるはずです。




本当は

今の世の中の

難問を解く解答までが

皆の中に眠らされたままなのです。




あなたが

侮り 蔑んで来てしまった

あなたは 本当は途方も無い可能性を

秘めていますし そこには限界など在りません。




多くの人達が 

その姿で生きた時の

様変わりした世の中の姿を見る事が出来たならと

考えただけでも それだけでも幸せな気分に

成れてしまいます。




勿論 私は

既に実践していますよ

だから本当は 別に世の中が

変わってくれなくても良いのです。




少なくても 私の周りは

今も どんどんと変わって行ってますから。

まずは身近な足元からです。




























あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/mail_kouza.index.html






大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://ningen-monogatari.com/sub00.html

by 1000nen-ai | 2011-03-03 10:23 | Comments(0)  

いのちの大海原




私が私の内面を

覗き込んだ時に見えるのは

大きく静かな空間です。




ただ最近の内面の状態と

この事が解かり始めた27歳の

若い頃に見えていた内面の状態とは

明かな違いが有るのです。




私は25歳の頃に

初めて内面を見つめる機会を得て

内面にこそ 真実の自分が在るのに




それを知らずに

生きていた外側の

自分のしている事を見つめて

自分の出来不出来を認識したり

人と競い合って自分を高めようとしていた

自分自身が 如何に浅い場所で生きていたのかを

まざまざと見せつけられて以来




論理的にではなく

実際に日常の中を

内面の自分を見つめて歩き

様々な事に気づかされ

最終的に辿り着けた場所で在る

静けさを湛えた豊かで大きく

雄大な空間こそが真実の自分の姿で在ると

解かる事が出来ました。それが今から30年前の

27歳の頃です。




現在は57歳に成るのですけれど

今現在の私の内面を見つめた時と

若い頃に見つめていた頃との

明かな違いに つい最近気づきました。




若い頃に内面を

見つめていた時には

自分の内面と外側の空間とが

同じ大きな空間で在り その空間は

繋がっていて外側の空間までが

自分だと感じられていたけれど

そこには確かに内側と外側を分ける

隔たるものとして身体があったのです。




ところが

今の私の内側である

内面に目を向けた時

ただの大きな空間だけが在るのです。

内側も外側も無くなってしまっているのです。

どちらも同じものですから何の問題も無いのですが

そこに隔たりとして認識出来ていたものが

今は消失していて何も感じられないのです。

ただ大きなひとつの空間が在り

それを指して私は 私と言っています。




思考の海も 感情の海も

外側と内側を隔てる身体も

感覚としては消え去ってしまい

大きな空間だけが存在しているのです。

そして日常の中でも その空間のまま

空間を実感したまま生きています。




常に そこから話し

そこで歩き そこで生きています。

そこで物事に取り組み その空間が

相手の中に見える空間に向かって関わっています。




隔たりが無くなって

大きな空間ひとつに見え出したのは

いつからなのかハッキリとは解かりません。

何故なら私には同じ空間が見えているだけで

当たり前の事だったので気にも留めていませんでした。




ただ40代の前半には

まだ隔たりは在ったと思います。




今日のブログは

私だけしか解からない話しで

申し訳ないです。

ただ そこで生きていると

あなたの中の海と 外側の宇宙の果てまで

広がっている海とが 本当にひとつに

繋がってしまうのだと伝えたかったのです。

存在するのは静かで大きく豊かなひとつの海だけです。




































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/mail_kouza.index.html






大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://ningen-monogatari.com/sub00.html

by 1000nen-ai | 2010-12-17 13:17 | Comments(0)  

あなたが作る山と谷




あなたが

あなたのままでは

歩けそうも無い時に




あなたが

あなたの目の前の事を

簡単には出来そうもないと

思えた時に




あなたは

それが出来た時の

様々な事を想像したり

思い込んだり 言い聞かせたりして

あなたの中で あなたが歩く道の上に

想像や思い込みで出来た

山が出来上がる




そうした方が

あなたは歩き易くなって

あなたの中の弱い気持ちを隠し

強気な あなたで歩く事が出来る。




歩き易くなった あなたが

何かを遣り遂げたりすれば

あなたは周りから誉められ期待もされる

そこで更に高い山を あなたの中に

あなたが あなたの手で作り出して行く。




少しづつ

あなたは自分が出来る人間に

成れている様な気分になって来るし

錯覚を起こしてしまう。




上手く事が運んでいる内は

それでも構わないけれど

何かによって事が上手く運ばなくなって

しまった時に それまでに作られていた

あなたの中の自信が崩れ出してしまう。




山を作り出せば

同時に谷も作り出してしまっている事を

あなたは見ようとしない。




高い山の上で飲む

勝利の美酒を味わえば いつかは

どん底の谷での苦い酒も味わなければ

ならない様に出来ている。




山と谷は

ふたつで ひとつのものだよ。




片方だけを

味わうなんて出来やしない。




最初の段階で

あなたの目の前に

立ちはだかる 

とてもじゃないけど

出来そうもない事を

山など作らずに、出来た時の

想像などしなくても歩き出せる道も有る。




それは

何も出来そうもない

弱くて 駄目で 情けない

出来損ないの あなたのままで

目の前の出来そうもない事の中に

静かに入って行くんだ。




今にも逃げ出してしまいそうな

弱気な あなたを隠そうとしたりしないで
 
素の あなたのままで物事の中に

入って行くんだ。




行きたくない

あなたのままだと

学校に 或いは会社に

行けなくなってしまうのか

どうかを確かめて欲しいんだ。




いつも あなたは

強気な あなたの方に切り替えてしまい

駄目な あなたのままで物事を

出来るのか 出来ないのかを

一度も確かめた事が無い。




その あなたのままで

何の期待も抱かずに

出来た時の想像の山など作らずに

物事に向き合い 物事に触れると

どうなるのかを確かめて欲しい。




力など入れずに

りきまずに 肩の力を抜いて

駄目な あなたのままで

駄目に成っても良い覚悟をして

歩いてみると




それまでの

あなたの中の

想像とは まったく違う事が

起こるかも知れない。




もしも それが出来たら

あなたは いつも淡々と

あなたの目の前に
 
立ちはだかる壁さえも

越えて行く事が出来る。




山あり谷ありの

激しい人では無くなり

静かで深い魅力を携えた人に

変貌を遂げてしまう。




無駄な激しさは

エネルギーの無駄遣いだよ。

そのエネルギーを他に使った方が

余程 物事が出来る様に成れてしまう。
































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/mail_kouza.index.html





大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://ningen-monogatari.com/sub00.html

by 1000nen-ai | 2010-11-19 15:38 | Comments(0)  

あなたが何一つ持たずに生きる時





あなたの中の

奥深くに あなたが

隠し続けて来ている

弱くて 駄目で 情けない

出来損ないの 本物の 

あなたのままで




物事に向かい合わせて上げて

その物事自体から自然に伝わって来る

その物事自体が教えてくれる

やり方を あなたが感じられて 

そこで初めて あなたは物事に

取り組んで行く事が出来るようになる




その前に

あなたが物事に

取り組んでしまったなら

それは それまでに あなたが

知っていた 誰かから教わった

やり方に過ぎない




それは決して

新しい やり方なんかじゃない

物真似だよ。

物真似の何処が悪い?

という人がいるかも知れないけれど

物真似は あなたから創造性を奪ってしまい

あなたを ただの物や機械同然に

貶めてしまいます。




確かに物事は効率よく

機械的に出来るけれど

そんなやり方は 誰でも出来ますし

その内に機械に取って代わられてしまう

繰り返しで ワンパターンの

詰まらない やり方に過ぎません。




そして

状況の変化に即応した

やり方をしていない 

やり方を求める会社や組織は

長続きなどしない組織や会社です。

そんな組織や会社は 

やがて衰退して行きます。




何故なら 人間の深さや

能力と言ったものを知らず

人間を余りに 浅い表面でしか

捉える事が出来ずに 幼稚過ぎるからです。





あなたの中の

あなたが正直に成った場所に

眠らされている 弱くて 駄目で 情けない

出来損ないの あなたのままで生きて良いのだと

あなたが その場所を受け止めて上げる事です。




弱くて 駄目で 情けない

あなたが 弱くて 駄目で 情けない

あなた自身を受け止めて上げるのです。




その場所は

信じて良いです。

決して 消えたり 崩れたり

無くなったりしませんから




けれど あなたが

その場所にしがみ付いてしまったら

あなたは その場所では生きていない事に

なってしまいます。




あなたが しがみ付いて

あなたの中に持ち歩く事が出来ているのは

その場所ではなく その場所の記憶です。

そんなものは全部 捨ててしまえた時に

実際の場所に あなたは立てて居ます。




言葉や記憶にしがみ付いて

その場所に立てている気にならない事です。

そんな事より いつも実際の 弱くて 駄目で

情けない 本物の あなたで居られる事です。




弱くて 駄目で 情けない

あなたがした事や そのあなたで見つけ出せた

新しい やり方さえも いつも捨て去って

歩ける事です。




あなたが

何もかもを捨て去った時に、

全てを捨てて 何ひとつとして

持たなくなった時に 初めて

あなたは 弱くて 駄目で 情けない

本物の あなたの場所に 再び 

帰り着いている事に気づけてしまいます。




そして何一つ

あなたの中に抱え込んでいない時に

あなたの居る場所全体の空間が

あなたの本来の姿である事が

実感で解かります。




あなたが何一つとして

抱え込んだり持ち歩いたり

していない時に あなたを

包み込むようにして在る

あなたの周り中の 空間全体が

あなたの中に染み込み 

入り込んで来てしまいます。




そうなってしまった時に

あなたに出来る事は

力を抜いて 今あなたに

起きている事の全体を

受け容れてしまう事だけです。




あなたが

本物の あなたで生きる時

あなたに これから

起こる事は あなたの知力など

遥かに越えた物事ばかりです。

だから頭で捉えようとはしない事です。

勿論 あなたの感情でも捉えようが有りません。




それらを

受け容れてしまう事が出来る場所は

あなたの中に在る ずっと あなたの手で

封じ込められて来ていた 弱くて 駄目で

情けない 出来損ないに見える あなたしか

いないのです。




そこは決して

駄目な場所などでは有りません。

背伸びした あなたなど簡単に

越えてしまう事の出来る程の能力を

秘めた場所なのです。




そして

あなたの中の その場所の

扉を開ける事が出来るのは

世界の中で あなたを於いて

他には 誰も居ないのです。


























あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/mail_kouza.index.html








大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://ningen-monogatari.com/sub00.html

by 1000nen-ai | 2010-10-07 11:20 | Comments(0)  

あなたの死を覗き込み 死と向き合ってしまう





死に関して

もう少し見つめて行くと

とても面白い事が見えて来る




あなたが怖れているのは

身体の死を怖れているのではなく

あなたが あなただと思い込んでいる

ものの死の方だと言う事が見えて来る。




あなたの身体が無くなる事で

あなたが あなたと思い込んで来たものが

一体どうなってしまうかを

あなたは怖れている。




勿論 一緒に

消えてしまうに

決まっているじゃん。




けれど消えて行くのは

その時ではなくて

毎日、毎時、毎分、毎秒、毎瞬のように

実際には あなたは過去という

過ぎ去った時間の中に消えている

そして残るのは残像である記憶の方だけだよ。




その記憶の中をさして その記憶が

まだ在るかのようにに捉える事によって

あなたは自分を自覚する。




或いは その記憶を

まだ来てもいない未来に置き
 
その未来を見つめる事で

あなたは安心したり あなた自身を

自覚したりしているけれど

あなたの見ている夢や目標という未来は

あなたの頭の中に在るもので空想だよ

現実じゃない それを見ている あなたも

空想の中に居て 空想という材質で

出来上がっている。

あなたは現実の中には居ずに

空想の中に生きている事になる。




そういった事実に

あなたが気づかなければ

あなたは実際には空想の中に生きたままで

一度も生まれないままに 現実の この世界を

去る事になるかも知れないのです。




そして今迄 あなたがして来た

知識や経験を指して あなたは

自己を自覚したり守ろうとしたりする

けれど実際には守るべき あなたなんて

どこにも居やしないよ。




だから夢が破れたからと言って

死のうとするなんて あなたは何か

勘違いをしているだけだよ。

消えるのは あなたの頭の中にある

破れた夢や 果たせなかった目標が

残骸のように山積みになっている

まるで墓場のような あなたの空想の方こそが

消えてくれれば良いだけでしょう?




それなら簡単

そんなものは一度も

”いま”という現実の中には

在った事などなかったんだよ。




それが 有ったのは

あなたの頭の中だけに在った。

”いま”という活き活きとした

現実の中には頭は生きられないんだ

”いま”という現実の中では 頭は

思考は停止させられてしまう。




”いま”という

時を超えてしまった場所には

あなたは無防備で入っていく必要がある

何一つとして持って行けるものなど

無いんだよ そこは裸の あなたのままで

なければ入れないように出来ている。




だから今迄も

何度も口が酸っぱくなるほど

言って来たことがある

あなたが どこまでも正直なった場所に在る

弱くて 駄目で 情けない 出来損ないの

あなたこそ 本物の あなただと。

その あなたこそ 何一つとして

持ち合わせてなど居ない あなたの姿だ




その あなたのままで

歩む時に あなたは

強くなりたいなんて思わなくなるし

死にたいとも思わなくなる。




活き活きとした

”いま”の中に居られる あなたは

この本物の あなただけだからだ。




そして この本物の

あなたは過去も未来も超えてしまった

”いま”だけの中に いつも生きているから

何の悩みも 何の問題も背負ってなどいない。




生まれた悩みや問題は あっさりと

それまでの あなたと共に過去の中へと

消えて行くのを見送ってしまうのだ

常に生まれたての 新たな あなたと共に

生きる事を知っている




だから あなたが

どこまでも正直になった場所に在る

弱くて 駄目で 情けない 出来損ないの

あなたと言うのは 単なる言葉などではなく

その度に 新しい 弱くて 駄目で 情けない

出来損ないの あなたでしょう?




新しく生まれる 

あなたに目を奪われたり

その あなたに見入ってしまうのではなくて

あなた自体の背景側にある 大きな空間こそが

あなたの姿なのだと知っているから

新しく生まれる小さな一つ一つの あなたには

一切の未練など持たないで居られるのです。





私が最初に

今迄の自分が実際には

居なかったのだと言う事を

実感で理解出来た時 自分の内側が

何も無くなってしまい ただの からっぽの

抜け殻となってしまったような感じがしました。




空間全体が

自分だなどと捉えようもなく

戸惑い困惑し呆然としていました。

けれど それと似たような感覚なら

それまでにも体験した事が

有るような気がしました。




例えば何かに挫折してしまった時であったり

例えば大好きな彼女にふられてしまった時で

あったりと 自分の中の全てが

崩れ去ってしまうと言った感覚ならば

過去に幾度かは体験した事の有る感覚でした。




けれど 過っての それは

普段生きている場所から

自分が落ちてしまった場所であり

そのまま そこで生きる事など

出来ない場所だと思い込んでいましたし
 
それどころか直ぐにも その場から抜け出す為に

新たな何かを探そうとばかりしていました。




その場所で 

何も見出す事なく 生きようなどとは

夢にも思いませんでしたし 

そんな人が居るとしたら

気でも ふれてしまっている人か

頭が どうかしている人なのだと

思っていました。




けれど 私には もう

その場所に立ち そこが生きられるのか

生きられないのかを確かめる以外には

道は残されていませんでした。




それ以外の道は

全て歩き尽くしてしまい

他の場所では本当の意味で

満たされ続ける場所など

何処にも無かったからです。




だから 最後に残された

その場所を確かめ終わって

その場所にも無いとしたなら

人が永遠に満たされる場所など無いのだと

そんな場所は夢物語なのだと諦めるつもりでいました。




だから本気でした。

そこを確かめ終わったなら

幼い頃に母を亡くした頃から

無意識に探し求め続けていた

母の消えていった場所探しは

諦めるつもりでいました。




その場所に降り立ち・・・

降り立ちというより それまでの

自分が自分と思い込んでいたものが

消えた途端に 私の立っている場所は

そこだったというだけの事なのです。

そこしかなかったというだけの事なのです。




何も無い場所で 意識だけがある

そんな感じでした 自分と呼べるものさえ無い。

その場所は こんなに直ぐ近くにあるのです。

自分が居ないと理解した途端に
 
その場所に居るのですから。




その場所で

最初に感じられるものは

確かに虚しさや空虚さだけです。

けれど それからも逃げ出さずに

その虚しさを空虚さを味わっていると

その虚しさや空虚ささえ直ぐに時の流れの中に

蒸発して行き無くなってしまうのです。




何も無い空間 

虚しさや空虚ささえ無い空間

そこに立ち留まり続けていると

自分さえも消え去り 

再び新しく生まれて来る事を

目の当たりに見る事が出来ます。




そして ある日 

空間の中味にばかり

拘るがあまりに目にする事をしていなかった

空間自体に充満している目に見えない

透明な何かが存在している事に

初めて気づきだしてしまいます。




あらゆる事が

行われている背景側を見る事を

全くしていなかった事に気づけてしまいます。




目に見えないからと言って

何も無い訳では無いのです。

目に見えるものより 遥かに重要な何かが

その背景には充満しているのです。




そこは空虚で

虚しい空間などではなく

大きな命の元が充満している空間です。




あらゆるものを生かしてしまう

在りと あらゆる生きているものと

向き合い 命を流し込み 吹き込み続けている

大元こそが その空間なのだと解かって来ます。




それは とても

活き活きとした

居心地の良い空間なのだという事が

誰にでも解かるようになっています。

その空間こそが あなたそのものなのです。






























あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/mail_kouza.index.html








大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://ningen-monogatari.com/sub00.html

by 1000nen-ai | 2010-08-10 11:10 | Comments(0)