人気ブログランキング |

<   2016年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

委ねてしまう事で開かれてしまう あなたの中の存在の次元の扉






あなたが

今直ぐにでも

あなたの中を

覗き込む事が出来れば




つい

先程まで

居ると思っていた

あなたなど何処にも

見い出す事が出来ずに




あなたの中には

ただ何も無い空間だけが

何処までも広がっている事を

目にする事が出来るだけです。




その空間は

あなたが把握しようと

試みても把握する事など

全く出来ない程 遥かに

あなたを超えた存在なのです。




そこで

あなたに

出来る事は

あなたを遥かに

超えてしまっている

途方も無く広々とした

果てしの無い空間の方に

あなた自身を委ねてしまう

事が出来るだけです。




それまでの

私など手放してしまい

目の前の雄大な空間の方に

あなたの身を委ねてしまうのです。




それならば

あなたにも出来ます。

いいえ あなたを遥かに

超えてしまった空間に対して

あなたが出来る事は たった

それだけなのです。




若い頃の様に

流れに逆らい川の

上流に向かって何処でも

好きな所に泳ぎ切る事で

あなたは何でも出来る自信を

着けて来たり 何でも手に入れる

事が出来ていたかのような気分にも

なれていました。




だから

あなたが何かを

手に入れる為には本気で

ぶつかり最大限の努力を持って

向って行けば手にする事の出来ない

物など何も無いと本気で
 
そう思ってしまって

いました。




ところが

そんな場所に

おいても どうしても

手にする事の出来ない物が

有りました。




それは

永遠に続く

喜びです。




何かを

成し遂げる事で

確かに一時的な喜びならば

何度も手に入れる事が出来ます。




ところが

その喜びは どれも

これも 決して長続きは

しないのです。




何処かで

いつも 永遠の

喜びが得られる為ならば

何でも出来る事は本気でする

つもりでいました。




そして今

あなたの中に

先程まで有った

あなたが既に居ない事に

気づかされてしまい その先に

何も無い大きな空間が広がって

居る事が徐々に解って来ました。




あなたが

ずっと何処かで

願っていた永遠に続く

喜びと出会う事が出来る

感覚に呼ばれる様にして




その何処までも

広がる空間の前に立ち

あなたは いつもの様に

川の上流に向かって泳ぎ切る

様にして その空間を捉えようと

してしまいます。




けれども

それは直ぐに

するりと あなたの

手から零れ落ちてしまい

掴む事など決して出来ません。




その内に

あなたの攻撃的な

姿勢によって せっかく

見えていた何も無い空間が

広がる次元が閉ざされてしまい

目の前から何も無い空間が綺麗に

無くなってしまいます。




それは いつもの

あなたの攻撃的な姿勢によって

あなたが消し去ってしまったのです。




何も無い空間が

あなたの前に広がり

見えてしまう時と言うのは




あなたが

ゆったりとして




あなたの

攻撃的な姿勢が

鳴りを潜めてしまって

いる時だけなのです。




あなたが油断を

し切った その時に

あなたの中に何処までも

広がる雄大で果てしの無い

何も無い空間が現れてしまいます。




その時に

再び あなたが

何も無い空間を

奪おうとすれば そして

それを あなたの支配下に

置こうとすれば




元も子も

無くなります。




あなたが

決して今迄には

出来なかった川の

流れの方に あなたの

身を任せてしまい委ねて

しまう事 ゆったりとして

あなたの全身の力を抜き切って

上げてしまう事の方を あなたは

どうしても出来ませんでした。




それは あなたが

何処に連れて行かれるのか

解らない大きな不安さから

逃げ出してしまう事に依って

一向に出来ませんでした。




上流に向かって

泳ぎ切る事は確かに

体力を使って大変だけれども

最初から向かう先は見えていて

あなたには解っています。




けれども

あなたを超えて

しまう程の何も無い

果てしの無い空間に




あなたの身を

委ねてしまう事で

一体 自分が何処へと

連れて行かれてしまうのかが

全く解らないのです。




その為の

不安感が半端じゃ無い為に

あなたは潔く あなたを委ねて

しまう事が出来なかったのです。




大丈夫です。

川は最後には海へと

繋がっていますし 




やがて

あなたは

海へと辿り着く事が

出来てしまいますから




その川と同じ様に

あなたの中の何も無さも

最後には何も無い更に大きな

宇宙の大海原へと繋がっています。




あなたの

行き着けるところは

あなたが あなたの

自由自在に成るコントロールの

及ぶ範囲で行ったり来たりを

繰り返しながら遊んでいる

一時的に倖せに成れる

場所よりも




遥かに

何もかもが

深まり永遠に続く

喜びに包まれてしまう

場所です。




あなたが川に

身を任せてしまい

委ねてしまう時の様に

あお向けに成ってしまい

力を抜き切って上げてしまいます。




川の流れの方に

あなたの身を任せて

しまうのです。




それだけで

あなたは川に

成れてしまいます。




川の一流れに

成れてしまっているのです。




同じ様にして

あなたの中の何も無い

空間の方に あなたの

身を任せてしまい委ねて

上げてしまうのです。




それを あなたが

当り前の様にして出来るまで

何度も何度も試し繰り返してみたら

良いのです。




一度だけ

出来れば良いのでは無くて

何度でも当り前の様に出来るまで

繰り返し試すのです。




毎日の様に

毎時間の様に

毎秒の様にして

毎瞬間の様にして




それまでの

あなたは息を引き取り

綺麗さっぱりと無くなっています。




それを未練など

持たずに手放す事が

出来れば その直後に

新鮮な何も無い場所が

あなたの中に生まれて

来ている事が解ります。




それは

毎瞬間の様にして

出来れば それに越した事は

有りませんけれども




一日に一度だけでも

あなたが真新しく生まれ

変わっている事を体験する事が

出来れば それだけでも あなたの

人生は様変わりしてしまいます。




そして次には

毎時間と言う様にして

あなたに有ったペースで

増やして行けば良いのです。




それまでの

自分の事を手放す事が

出来れば簡単です。どちらかと

言うと手放す事の方に力点を置いた

方が良いと思います。




そうすれば

その後の真新しく成った

何も無い空間は何にも邪魔されずに

直ぐに見えて来てしまいます。




あなたが力を

抜いて上げて それまで

あなたが見続けてしまっていた

無意識な あなたの眼に気づき

想像に向いてしまっていた あなたの

目を意識を立ち切って上げれば

それが今迄の あなたの事を

手放すと言う事に成ります。




あなたの

見ていた物の

全ては想像でしか

無かったのですから。




だって全ての

実物は次の瞬間には

消え去ってしまって

いるからです。




だから

あなたの

見ているものから

目を意識を立ち切って

上げても あなたは実物から

目が切り離されてしまった

訳では無くて




想像から

あなたの目が

意識が切り離されて

しまっただけの

事なのです。




むしろ

あなたの眼を

意識を立ち切ってしまい

引き上げてしまった後に

現れてしまう何も無い空間こそが

あなたの本当の姿なのです。




けれども その空間も

次の瞬間には消えて無くなって

しまうものですから その何も無い

空間や 何も無い空間を見れた事を

あなたの中に置いておく事は全く意味の

無い事なのです。




そんな事をすれば

あなたは生きてなどいない

事にしか為らないからです。




過ぎ去って

しまった物達と共に

あなたは墓場の中に

生きる事に成ります。




日に何度も

あなたの事を手放して

上げる事をする事までならば

何とか あなたにも出来ます。




けれども

秒単位の様にして

或いは毎瞬間の様にして

あなたの事を手放し真新しく

生まれている あなたに気づく事を

していたならば それだけで全てが

終わってしまいます。




それは毎瞬間の様にして

あなたの事を手放してしまい

毎瞬間の様にして真新しく生まれ

変わっている何も無い空間の中を

生きる事の出来ている場所が あなたの中の

最も奥深い場所へと埋められたままなのです。




その場所を発見して

上げられる事が出来れば

あなたが毎瞬間の様にして

あなたを手放したり真新しく

なっている何も無い空間を

自覚しなくても大丈夫なのです。




それは

その場所に

任せたままで

日に何度か その場所に

あなたが立ち返る事が出来れば

それだけで良いのです。























































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2016-05-31 10:48 | 恋愛 | Comments(0)  

本当は何処も彼処も あなただらけで目に入るものは空だけなのです







あなたが

あなたに対して

やってしまっている事を

あなたは平気で他の人達にも

やってしまっているのです。




どういう

事かと言うと




あなたの

内側で在る

あなたの内面の中で




あなたが

あなたに対して

やってしまっている事を




あなたの

外側である

他人に対しても

あなたは やって

しまっているのです。




だから

外側の表面にあたる

あなたの態度を どんなに

あなたが改めた所で一時的に

改められただけで やがて時間の

問題で あなたは再び同じ事を

繰り返してしまうしかないのです。




それは

あなたが

あなたの内側で

やってしまっている事に

気づき それを放棄して

上げない限り 




あなたが

あんなにも悔い

改めたのにも拘らず

何度も同じ過ちを繰り返して

しまうしかないのです。




それを

改めるのには

あなたが実際に過ちを

犯してしまっている外側の

態度に目を向けるのでは無くて




そんなものは

放って置いたら

良いのです。




あなたが

あなたの内面で

行われてしまっている事に

目を向けてしまい 




一体

そこで日々

何が行われて

しまっているのかに

あなたが気づいて

上げられない限り




あなたには

あなたの表面で

行われている事を止める

手立ては他には無いのです。




あなたの内面で

日々行われている事は

無理をしたり 背伸びをして

人以上の自分に成ろうとし




あらゆる

人達の真似をしたり

やり方を盗んだりして来ている

だけなのに それを自分の力だと

信じ込ませている ごった煮の様な

姿をした本当の あなたでは無い

あなたが本物でナチュラルで誰の真似も

していない無色透明で何者でも無い

自然で透明な あなたの事を無能

呼ばわりをし 否定をしては蔑み

自分と同じ様に誰かの真似をしたり

無理をしたり背伸びをする事を

強いたりして




それをしないと

生きる価値すらないと

内側の内面で偽物の あなたが

本物の あなたに罵声を浴びせ

続けてしまって来ているのです。




その内側で

行われている事に

あなたが眼を皿の様にして




一体 何が

あなたの中で

起きてしまっているのかを

あなたが見破らない限り 




あなたは

ずっと偽物の

あなたに 本物の

あなたが小突き回され

支配されたまま奴隷扱いを

された理不尽なままで

生きるしか無いのです。




それも

偽物の あなたに

本物の あなたが

小突き回され奴隷扱いを

されてしまっているのです。

これって あんまりです。




言い方を

変えれば 

あなたの中で

全くと言って良い程

あなた自身に対して愛の

欠片すら無い あなたでしか

無かった事が解ります。




そんな人が

他の人の事を

愛する事など到底

出来る訳が有りません。




”いいえ私は

愛されているもの”と

思っている人達の その愛は

やがて支配関係に持って行く為の

撒き餌でしか無いのです。




だって

自分の中で

本物の自分さえも

愛せない人に愛など

解るはずが無いのです。




そもそも

愛する事など

まだ一度もした事が

無い人達なのです。




そんな

人達にでも

愛する事とは一体

どういう事なのかを

学ぶ事の出来る機会は

本当は ちゃんと有ります。




それは

あなたの中の

本当の あなたの事を

愛するには一体 どうしたら

良いのかを学ぶ事から始めるしか

他に方法は無いのです。




あなたの外側を

どんなに愛された処で

一時的な満足感だけで直ぐに

その愛は消えてしまい去って

しまってばかりいました。




それは

あなたの愛した人が

あなたと同じ様に あなたの

表面しか愛する事が出来なかった

からです。




あなたも

あなたの愛した人も

両方共に自分の中の

本当の 自分の姿に目覚めて

いないし 




その本当の

あなたの事を

愛して上げる事が

出来ていないからです。




あなたの中の

まだ誰にも愛された事の無い

あなたの事を愛して上げる事が

出来るのは世界の中でも あなた

たった1人だけなのです。




その あなたは

自分だけが世界の中で

たった1人 本物の自分の事を

愛する事が出来るのだと言う真実に

気づきもしないばかりか




その真実に

見向きもせずに

愛が足りないのは

誰かに愛される事を

して貰っていないからだと

ばかりに思い切り勘違いを

してしまい




外側の世界の中に

愛を求めて探し回る事の

方を選択してしまいます。




あなたは 誰かの愛を

獲得する為に自分が背伸びをしたり

無理をして自分以上の自分に見せる事で

多くの人達から好かれる事をすれば自分の中の

虚しさや 寂しさは癒されてしまうと思い込み

懸命に成って人以上に出来る自分を目指して

しまったのです。




様々な人達から沢山の

やり方や 知識や 武器を仕入れ

誰よりも出来る人の様に見せる事に成功し

沢山の人達からの沢山の称賛や愛の獲得にも

成功したのにも拘らず 相も変わらず

あなたの中は虚しさと寂しさで

一杯なのです。




あなたの中は

ちっとも満たされずに

虚しさで一杯です。




そうなのです。

あなたが誰かから

愛される事に依って

あなたの中が満たされる事は

全てが一時的な物でしか無いのです。




それは直ぐに

消えてしまう代物でしか

無かったのです。




何故 あなたの中が

虚しさで一杯に成ったり

寂しさで一杯なのかと言うと




それは

あなたが本物の

あなたと一緒に生きて

上げていないからです。




あなたが本物の

あなたの事を見限り

蔑み 無能扱いをして

本当の あなた自身で

生きる事を阻んでばかりで

一度として本物の あなたで

生きる事を試させて上げて

来なかったからなのです。




寂しさや

虚しさが 一体

あなたの中の何処から

吹き出して来ているのかを

あなたが眼を皿の様にして調べて

行けば それは誰にでも直ぐに

解る事なのです。




あなたが

あなた自身に

一番 寄り添って

上げていなかった

からなのです。




ただ

そこには

仕掛けが有って

今迄の無理や背伸びを

して来ている偽物の あなたでは

本物の あなたに寄り添って

上げる事など出来ないのです。




偽物の

あなたは

偽物の出来の良い

あなた自身の中味を見て

一つ一つに対して これは

自分が自分一人で編み出したり

開発した物かどうかを点検して

行く事をしてみたら良いのです。




そして

自分の物では

無い借り物や盗んだ物は

その場に置き去りにして

捨て去ってしまうのです。




最後には

何一つとして

自分の物など無かった事が

解って来てしまいますし




裸の自分は

何一つとして

出来ない自分でしか

無かった事が解って来ます。

何も変わってなどいなかったのです。




それは

錯覚の自分で有り

借り物や掻き集めた物を

自分の姿だと思い込んで

勘違いをしてしまっていた

だけだったのです。




そこには

ガラクタが

有っただけで

あなたと呼べる

ものなど何一つとして

有りませんでした。




最初から

あなたの中に

在った物は何者でも無い

誰の真似などしていない

無色透明な空間だけだったのです。




それが他の人の物を

真似た あなたと比べると

か弱く見えていただけなのです。




けれども本当は

か弱くなんて有りません

そこは柔軟で しなやかで

決して何色にも染まる事の無い

あなただけの姿が在ります。




その あなたが

その あなたの事を

まるごと受け容れて上げて

しまえば良いだけだったのです。

それが世界の中で あなた たった

1人にしか出来ない事だったのです。




あなたは

それだけで

芯から満たされてしまい

温められてしまいます。




そして芯から あなたに

受け容れられてしまう事で

満たされ切ってしまった あなたからは

満たされ切った喜びが尽きる事無く

溢れ出し続けてしまうのです。




あなたからは

喜びが愛が溢れ出し

続けてしまうのです。




それは

多分 永遠にです。




それが

本当の あなたで

本当の あなたの事を

受け容れて上げてしまえた時に

あなたに起きてしまう事です。




あなたは

有りもしない

あなたで実際に居る

あなたの事を虐め抜いて

しまっていただけだったのです。




それは

あなたの中の

無知さによって

引き起こされてしまって

いただけの事なのです。




真実を見破り

見抜いてしまう事に依って

それらは簡単に止めてしまう事が

出来てしまいます。




それは本物の

あなたが問題の中へと

入って行く事でしか

見破る事は出来ないのです。




取って

喰われてしまっても

構わないと言う覚悟さえ

あなたに出来れば どんな

問題の中にでも入って行く事が

簡単に出来ます。




だって本当は

何も無いのですから

取って喰われてしまうのは

有りもしない自分の姿でしか

無いのですから 喰われて

しまった処で何の問題も

起きないのです。




逆に更に深い

あなたに出会う機会が

得られるだけです。




そして

こうして

解った事さえも

全部を手放してしまい

此の場へと置き去りにして

行ってしまうのです。




身軽で何も無い

純粋で無垢で生まれ立ての

あなたが直ぐにも 此の場に

誕生して来てしまいますから




そして

何処も彼処も

あなただらけです。

何も無い空間だらけです。























































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2016-05-30 11:39 | 恋愛 | Comments(0)  

いつも途轍もない愛に包まれたままの あなたに気づくだけ







あなたにとって

何よりも必要な事は




まずは あなたの

奥深い場所に あなたが

あなたを否定をする事で

ひた隠しにし 誰よりも

あなたが一番に蔑んで来ていた




弱さの

塊の様な

あなたで居る事と




同時に その

あなたの事を上辺の

あなたや 頭の先っぽ

などでは無く あなたが

本心から受け容れて上げて

しまう事だけです。




そして

毎日の中を

弱さの塊の様な

本物の あなたのままで

生きる事です。




確かに今迄の

強気の あなたで

居る時と比べると とても

心許無いし不安です。




けれども

その不安さが

良いのです。




その不安さこそが

あなたの中に あなたが

押し込めて来てしまった

豊かな感受性の源なのです。




まだ来てもいない

真新しい一日の中を

生きるのですから不安で

当り前です。




何が起きるか

解らないし自分が

起きた事に対応して

行けるのか どうかも

解らないのですから不安で

当り前です。だって未知の

今日を あなたは生きるのですから




なのに

その 本来ならば

有って当たり前の不安さを

あなたは今迄の過ぎ去ってしまった

過去での出来事に対する対応策や




それまで

学んで来た やり方を

体験を あなたの中に持ち込み

備える事に依って 偽物の安心感を

与えて不安さを誤魔化そうとして

来ているのです。




自分で自分を

騙しているのです。




真新しい未知なる

今日に出会うのですから

本当は不安で当り前です。

その不安さは消してしまうべき

ものでは無かったのです。




未知なる今日に

備えられるものなど

本当は何一つとして

無い事の方が真実です。




では一体

どうしたら

良いのか?と言うと




簡単です。

あなたが感じている

正常な不安のままで

今日の中へと入って行けば

良いだけなのです。




すると

その不安さが

弱くて 柔らかな

心の動きが 豊かで柔軟な

感受性と成り 目の前の新たな

出来事と出会って行きます。




そして柔らかで

柔軟な あなたの内面は

とても受容的です。




何かを持っている

あなたは攻撃的ですが




何一つとして

持っていない何も出来ない

あなたは受容的ですし何でも

受け容れてしまう事が出来ます。




ですから

目の前の物事とも

対立的には為らずに

受け容れてしまいます。

すると今迄の何かを持ち込み

攻撃的だった あなたには まるで

考えられなかった様な事が起こり始めます。




それは

あなたが

目の前の物事を

受け容れてしまう事で

目の前の物事の方から 今日に

一番相応しい今日だけの物事の

やり方が伝わって来てしまうのです。




全ての物事は

問題と同時に解決の仕方も

携えて来ているのです。




それも その日に

一番 相応しいやり方を

携えて来ているのです。その声を

その感覚を聴いて上げる事が出来るか

どうかだけなのです。




あなたの側からは

一切 何一つとして

持ち込まなくても良いのです。




ただ物事の

携えて来ている事の

全てに耳を傾けて上げる事が

出来るか どうかだけなのです。




それには

あなたの中の

不安さが とても

大事な目安と成ります。




だから

不安さを

掻き消すなんて

とんでもない事を

しているのです。




それは

自分の足元を

照らしてくれる灯りを

わざわざ吹き消してしまい




あなたを

暗闇の中へと置き去りに

してしまう事でも有るのです。




あなたの目の前に

起こる事が毎日の様に

同じ事ばかりが繰り返されている

様に思えてしまうのは あなたが

それまでの様々な場所で築き上げた

毎日の中の やり方や体験を握りしめて

その古びた やり方で ただ毎日を

こなして しまっているからです。




あなたが

何一つとして

持ち込まずに それまでの

全ての体験や経験を毎日の中に

置き去りにしてしまい何も持たない

あなたで今日の中を生きる事が出来れば

あなたの前には毎日の様にして真新しい

一日が展開されて行ってしまうしか

無いのです。




ただ

毎日の様に

全ての体験や

経験を その日の中に

置き去りにして行く事は

あなた自身の事を置き去りに

して行く事でも有ります。




だって毎日の

体験やら経験を

持ち歩いて 初めて

あなた自身が作られるからです。




それを全て

置き去りにして

行くと言う事は

いつも何もかもが

無くなってしまった

何も無い空間としての

あなたで生きると言う事でも

在るのです。その時に あなたは

不安さを感じてしまいます




その不安さは

何も無い あなたが

受け容れて上げてしまうと

蒸発して行きます。




それどころか

逆に あなたは

芯から満たされてしまいます。




何も無い

不安さが あなたで在り

その不安さを受け容れて上げて

しまう事は 本当の あなたの事を

あなたが受け容れて上げてしまう事なのです。

それは あなたが あなたを愛する事なのです。

それ以上の愛を あなたに与える事の出来る人など

世の中の何処にも居ません。




愛は人様に

求めるものでは

無かったのです。あなたが

あなたに与えて上げるものだったのです。




それも以前の

あなたから見たら

駄目な あなたが

駄目な あなたに与えて

上げるものだったのです。




駄目な あなたを

否定してしまい あなたの中の

奥深い場所へと追いやってしまっていた

あなたでしたから 真実の愛に以前の あなたが

辿り着く事など有り得ない事だったのです。




だから

あれほどまでに

愛に渇き切ってしまい

潤いが無く 干からびた

あなたでしか無かったのです。




此処には

本当の あなたには

何もかもが無いけれども

毎日が愛で一杯と成ってしまい

愛が溢れ出し続けてしまい芯から

あなたが満ち足りてしまうしか

無いのです。




それが

あなたの中の

満ち満ちた空間の

中味です。その空間は

あなたの中だけでは無くて

あなたの外側一帯も全てが

愛で満ち溢れた空間に成っているのです。




それに

気づけないのは

あなたが あなたなど言う

得体の知れない既に過ぎ去って

しまった あなたの死骸を後生大事に

抱え続ける事で今の中に生きる事が

出来ないからです。




本当は あなたの中も

外も愛で満ち溢れた中に

あなたは生きているのです。




全体は宇宙は

あなたの事を一度も

見放した事など有りません

でしたからね。何が出来ない時も

どんなに駄目な時でも一度も あなたを

見放したりした事など無い場所が今も

あなたを愛し続けたままなのです。




後は その事実に

いつ あなたが気がつくのか

だけなのです。




それは

あなたが弱さの中に

駄目さの中に居た時に

特に気づき易いかも知れません。




駄目さのままで

閉ざしてしまったり

しないで




駄目さのままで

開き切って上げて

しまえば良いのです。




そして

駄目さのままの

あなたが くるりと

自分側に向いて上げてしまい

駄目さを受け容れて上げてしまう

だけなのです。




それが

途轍もない愛に

近づく近道です。



























































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2016-05-27 11:20 | 恋愛 | Comments(0)  

いつも いつも 新たな あなたの空間と生きるだけ







あなたの中の

一切の物を使わないし




あなたの中の

一切の物を頼らないし




あなたの中の

一切の物を拠り所にもしない




本当に何も無い

あなたの中の空間で

生きて上げてしまい




その空間さえも

頼りにしたり拠り所にせずに

その場へと置き去りにして

しまうのです。




何故ならば

その空間さえも

直ぐに過去の中へと

流れ去ってしまって

行くからです。




あなたが

その空間と共に

生きられるのは

たったの一度だけです。




何で有れ

一度だけしか

味わえないし

生きられないのです。




次の瞬間には

共に生きた空間だけでは無く

当人である あなた自身さえもが

過去の中へと流れ去って

行ってしまうからです。




それらを

潔く何の未練も

持たずに見送る事が

出来た人だけの前には

新たな何も無い空間が

新たな あなたとして

誕生しているのが見えています。




あなたは

その新たな

あなたと共に

次の瞬間の中に

力を抜き切ってしまい




油断をし切った

何も出来ない静まり返った

静寂な空間の あなたと共に

全面的に余す事無く生きる事が

出来てしまいます。




あなたに必要なのは

あなたの目の前に広がる

全ての真実を見る事の出来る

目覚め切った意識と眼だけです。




その意識が

その眼が備わっている

場所が生まれたばかりの

何も出来そうも無い新たな

空間の中で有り




その場所に潔く

あなたの身を委ねてしまえた

時に初めて その意識と眼は

開花する事が出来るのです。




瞬間の中を一生懸命に

生きる事など到底出来ません。

そんな事をしたなら あなたは

全てを取り逃してしまうからです。




次々に訪れている

瞬間の中を生きるのには

瞬間の中の何もかもを取り逃さずに

生きるには ただ一つ




新たに その場に

誕生している何も無い

空間としての自分の姿を

発見してしまい 




その空間で

ゆったりして

全ての力を抜き切った状態の

油断をし切った 何も出来そうも無い

弱さの塊の様な あなたの場所で

生きて上げられるか どうか

だけなのです。




あなたの

本来の姿は

元々空なのですから

頑張ったら逆に本来の

あなたの姿から遠ざかってしまう

ばかりなのです。




逆に何処までも

何処までも力を抜き切る事が

出来るか どうかだけなのです。




いつも

無意識に

構えてしまい

防御姿勢を取って

しまう あなたの防御を

解いて上げて 取って喰われて

しまったとしても構わない位の

覚悟を持ってしまったら良いのです。




その覚悟を

あなたがするだけでも

あなたの中の無意識に力の

入ってしまう防御姿勢は少しづつ

解かれ始めて行くはずです。




無意識の

防御姿勢の更に奥の

弱々しい あなたこそが

本来の あなたの姿です。




それが喰われたら

おしまいと言う場所の

あなたで生きるしか無いのです。




その傷つき易く

脆くて儚い あなたの場所で

生きる事で あなたは身を持って

良い事も悪い事も学ぶ事が出来ます。

全てが実感で身に染みる様に学ぶ事が

出来てしまいます。




そのままでは

あなたは傷つき

壊れかかったままだけれど

そのままの あなたのままで

傷つき壊れかかっている あなた

自身の事を 傷つき壊れかかった

あなたのままで受け容れて上げて

しまうと 傷ついていた あなたが

壊れかかっていた あなたが何の治療も

してなどいないのに新たな あなたへと

生まれ変わってしまうのです。




あなたが

受け容れた途端に

それまでの あなたは

蒸発してしまい溶け切ってしまい

過去の中へと消え去って行きます。




そして

その場には

何もかもが

無くなってしまった

空間だけが残されます。




元々 あなたなんて

その場には居た事なんて

一度も無かったのです。




何故ならば

実際の あなたは

次から次へと無くなり

過去の中へと消え去って

行ってしまっているからです。




だから

あなたが見ていた

あなたの姿は過去の

残像でしか無かったのに 




あなたは それを本物の

自分の姿だと思い込み守ろうと

し続けて来てしまっていたのです。




守ろうと

する事は実際に

あなたが やっていた

事ですから 中味が実際には

有っても無くても そんな事など

全く 関係が無くて




あなたは自分が

守る事で さも本物が

居る様な錯覚を持って

しまいます。




本当は

あなたの中には

何もかもが無くなってしまった

空間が残されているだけなのです。




そして

その何もかもが

無くなってしまった

空間こそが ずっと昔から

あなたの真実の姿だったのです。




けれども

あなたは その真実の

あなたの姿には全く気づかずに

残像を あなただと思い込み残像を

守り続ける事を いつまでもして

行くしか無いのです。




そして

あなたの意識の外では

真実の営みが 誰にも関与

される事なく あなたが勘違いをした

あなたとは関係が無い所で 今日も

あなた無しのままでも 繰り返されて

いるのです。




あなたの意識の外で

繰り返されている事の方が

どんなに大切か あなたには

全く解らないのです。




あなたの中の

何もかもが無くなって

しまった後の何も無い空間は

いつまでも同じ 何もかもが

無くなってしまった空間かと

言うと 違うのです。




何もかもが

無くなってしまった

何も無い空間自体も

次から次へと 此の場から

無くなってしまい新たな何も無い

空間が次から次へと誕生して

生まれ変わっているのです。




何も無い

空間さえもが

次々に生まれ変わって

行くのです。新たな新鮮で

生まれ立ての何も無い空間へと




本物の あなたを

見る事を怖がる必要など

有りません。何も無い空間を

潔く本物の自分の姿として

受け容れて上げてしまえば

良いだけなのです。




これは

あなたを元々の

本来の あなたの姿へと

帰る為の帰り道を案内している

詰まらない お話しなのでした。
























































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2016-05-26 15:25 | 恋愛 | Comments(0)  

いつも 生まれ立ての若葉の様な あなたで生きる







あなたが

一度だけでも

真理へと或いは

空へと辿り着く事は




あなたの

そこまでの

道程を考えてしまうと

とても大変な事でした。




その

喜びたるや

大変なものでした。

身も心も身軽に成れるし




何よりも

それまでの全てが

癒されてしまい

洗い流されてしまい

満ち足りてしまう事が

出来ました。




その時の事を

考え振り返るだけでも

あなたの中には その時と

何ら変わらない喜びが溢れ返って

来てしまう位です。




それほどの

法悦や陶酔に浸る事が

いつでも出来ました。




だからこそ

一度 辿り着けたものは

騙されてしまうのです。

まんまと その罠に嵌まって

しまうのです。




本当の

あなたの

立ち位置は

そこでは無いのです。




だって

あなたが

解った事など

もう とっくの昔に

此の場には無くなってしまい

それらは他の物事と同じ様に

過去の中へと消え去ってしまっています。




何を そんなに

後生大事に抱え込んで

いるのでしょう?




それが

あなたの

新たな命と成って

しまっています。




以前の

あなたよりも

確かに少しはマシに

成ってはいますけれども




あなたが

成りたかったのは

少しはマシに成りたかった

だけなのですか?




違うでしょう?

それまでの自分の

生き方や人生から

足を洗いたかったのでしょう?




ならば

そこでは

まだ まだ

甘いです。




たった

一つの過去を

生かしてしまうだけで

あなたの中の それまでの

全ての過去が蘇ってしまいます。




あなたの好む

過去だけが残され

他の過去は消え去るなんて

あなたの都合の良い考え通りには

成ってくれないのです。




だから

あなたの中に

辿り着けた体験を

残そうとすれば 全ての

過去を甦らせてしまう事を

あなたが自ら やって

しまっているのです。




墓穴から

死骸を蘇らせようと

あなたがしているのです。




そんな

厄介な事など

する必要は無いのです。




あなたが

やっとの思いで

辿り着く事が出来た

真理へと 空へと あなたの

魂の故郷へと辿り着く事を




毎日の様に毎時間の様に

毎秒の様に毎瞬間の様にして

新しく辿り着き直してしまえば

良いだけだったのです。




それは

あなたからしたら

多分 気の遠くなる様な

話しかも知れません。




たったの一度

辿り着くだけでも

大変だったのに それを

毎日の様に いいや毎秒の様に

毎瞬間の様にして辿り着く事なんて

到底 不可能な様に感じられます。

けれども それは可能なのです。




何故ならば

あなたが それを

するのでは無くて 既に

それを やれている場所が

あなたの中に存在しているのです。




その場所を

あなたの中に

探し出して上げる

だけなのです。




一瞬一瞬の中に在る

本物で新鮮で鮮度抜群な

真理へと 空へと その度に

辿り着く事の出来ている場所が

あなたの内部に存在しているのです。




そんなにも

賢く知恵の在る

あなたが あなたの中には

既に存在しているのです。




だから

あなたが改めて

賢い あなたを作ろうとする

必要など無いのです。




そんな事をすれば

内部に在る賢い賢者の様な

あなたから逆に遠ざかってしまう

ばかりなのです。




それには まず

あなたの辿り着けた

その場所さえも それまでの

他の場所と変わりなく同じ様にして

あなたが後にしなければ為らない

場所でしか無かったのです。




その場所さえも

手放してしまったならば

本当に あなたには何もかもが

無くなってしまいます。




その何もかもが

無くなってしまった

何も無い 空虚で がらんどうの

何処までも広がる大きな空間こそが

本来の あなたの姿だったのです。




その場所は

あなたが把握したくても

余りにも大き過ぎて あなたが

把握する事は困難なのです。




そこを解るのには

解ろうとする あなたを

手放してしまい 何も無くなって

しまった あなたのままで その中へと

身を預けてしまえば良いのです。




その中へと

溶け込んでしまえば

良いだけなのです。




そうすれば

外側からでは無くて中側から

全てが知識などでは無くて実感で

理解する事が出来てしまえます。




その場所こそが

あなたが辿り着くべき

場所だったのです。




外側の何処までも

広がる空間と溶け合えてしまうと

あなたの喜びは半端じゃ有りません

けれども それさえも あなたは全て

後にして行きます。




どんなに良くても

一度あなたが味わった物は

全て その場の中へと置いて行き

成仏させて上げて行きます。




痕跡さえ残らない様に

無くさせて上げると言う意味で

成仏と言う言葉を使いましたが

跡形も無く何の未練も残さずに

全てを後にして行くと言う意味です。




すると再び

あなたの中には

何もかもが無くなって

しまっています。その何も無さは

あなたが怖がったり恐れたりする

ものでは無かったのです。




最初からの

あなたの中の

真実の姿だったのです。




あなたに

その何も無さを

見る事が出来たなば




今度は

その何も無さの

中に入り込んで来ている

眼には見えないけれども確かに

何かが在る事を あなたの感受性で

感じて上げるのです。




何も無さに中には

透明な空間が入り込んで

来てくれているでしょう?

何も無さの器の方では無くて

その器の中へと入り込んで来ている

空間の方を感じて上げるのです。

それこそが あなたの実体ですから。




そして

あなたの中へ

入り込んで来ている

あなたの実体の空間は

あなたの身体を隔てた外側にも

何処までも果てしなく空間は広がり

充満しています。多分 それは宇宙全体に

充満しているのでしょう。




それ全部が

あなたの実体です。

だから その空間へと

あなたの身を任せてしまう事で

あなたは宇宙の全体が自分で在る事を

感じられてしまいます。




その空間の中は

命の粒子で一杯です。




あなたが実際に

亡くなった時にも

そこに あなたは ただ

溶けて行くだけです。




あなたの

身体が生きている上で

その実体に気づき溶け去る事が

出来てしまえば あなたは そこへと

溶け去って行った多くの人達に いつでも

出逢う事が出来てしまいます。




勿論

こんなにも

凄い事も その場へと

置き去りにして上げるのです。

何の未練も残さずにです。




何故なならば

あなたが未練を

残さなければ残さない程

次には もっと遥かに凄い事が

あなたの目の前に広がるからです。




そして

何もかもが

無くなってしまった

あなたの内面を怖れずに

逃げ出したりせずに向き合って

上げてしまい 受け容れて上げて

しまえば あなたは再び新鮮な空間に

成ってしまっています。
































































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2016-05-25 16:00 | 恋愛 | Comments(0)  

決して途絶える事の無い 空からの途方も無い愛







幼い頃に

親の愛情を

充分に貰う事の

出来なかった人は




何処かで

自分が そのままでは

愛される存在では無いと思い




いつも無理や

背伸びをする事を

自分に強いてしまい

自分以上の自分の姿を

演じて来てしまっています。




それが親から

充分な愛情を与えて

貰えなかった人達が

周りの人達から少しでも

嫌われずに出来れば愛される為の

切実な手段や方法だったのです。




だから簡単には

無理や 背伸びをする

自分を手放してしまう事など

出来ません。それは すっかりと

板に着いてしまっていて今では

意識などしなくても自然に無理や

背伸びをする事が出来てしまうのです。




どれが無理なのか

どれが背伸びなのかさえ

解らない位にまで あなたの

一部と化してしまっています。




そんな人達ですから

普通に生きている人達には

出来ない位の成果を上げる事が

普通に出来てしまいますし

やがて頭角を現します。




けれども

そのままでは

必ず失墜します。




そして

失墜して

転落した時に

正に その人の

明暗が分かれる時です。




多くの方達が それまでの

自分の姿が失われてしまう事は

自己の死を意味しますから




それまでの自分が

崩れてしまう位ならばと

実際の死を選んでしまうのです。




死ねなかった

人達は それまでの

自分とは程遠い様な

何も出来ないままに無為に

過すしか無くなってしまい

生きる屍と化してしまう人達と

成るのが殆んどの人達です。




どちらも

とても悲惨です。




幼い頃に

愛されなかった上に

最後には余りにも悲しい

末路過ぎます。




これでは

世の中の何処にも救いなど

無いように思えてしまいます。




こんな方達への

救いの道は 実は

ちゃんと在るのです。




それが

無理をしたり

背伸びをして あなたが

認められる事で沢山の人達からの

充分な愛や物質的な倖せを手に入れる事が

出来たかのように思えた日々過ぎた辺りから

あなたの転落は始まり出します。




それは

あなたが有頂天に成り

慢心してしまう事で あなたには

それまでには見えていた物事の真実が

見えなくなって行きます。




そして

あなたは何かに

躓きます。失敗をします。

それでも あなたが自分を

省みたならば少しは違うのに

あなたには自分が間違っていると言う

考えすら浮かばない位に慢心をして

しまっている為に それが

出来ないのです。




度重なる失敗に依って

徐々に あなたの それまでに

有った自信は崩れ出して行き

最後には あなた自身も崩壊し

転落して行きます。




全てを

手にしていたと

思えていた あなたから

その全てが失われてしまった時に




あなたは

自らの死を選ぶしか

無いと思えてしまうのです。




何故ならば

あなたの命とも

思えていた今迄の

何もかもが人以上に

出来ていた あなたが

何もかもを失い人以上に

出来なく為ってしまった現実の

自分の姿など受け容れたくは

無いからです。




今迄の

栄光の姿の自分を

手放す事が嫌だからです。




此処で最も

大事な事は とても

解決する事の不可能な

困難を避けたり逃げ出したり

するのでは無くて




とても解決する事の

不可能な物事に あなたが

出くわしてしまった時の困難への

対処法とは あえて逃げ出したい位の

困難の中へと入って行って

しまう事なのです。




自らの身を

困難の中へと

投じてしまうのです。

自殺をする位の覚悟が

有るのならば これぐらいの

事は出来るはずです。




困難は

あなたが

逃げ出そうと

するから苦しいのです。

困難に あえて向き合ってしまい

静かに困難の中へと入って行って

しまうのです。




それまでの

何でも出来ていた

あなたが失われてしまった後に

自分が一体どうなってしまうのかを

自分の眼で確かめるのです。




全ての自信が

崩れてしまう事は

確かに怖いけれども




考えてみれば

それまで慢心していて

鼻持ち為らなかった

あなたの自信が崩れてしまい

本当は調度良く成るだけなのです。




あなたが

愛だと思い込んでいた

物が何一つとして残らなければ

それは愛などでは無かったのです。

無くなった所で大した事では有りません。

そこに残った者達に対する愛を深めて行けば

良いだけなのです。




あなたに起きた

転落は あなたの眼を

覚まさせる為に必要な

転落だったのです。




必要だった

転落から逃げ出して

しまうなんて どうか

しています。




この事から

あなたに解る真実は

あなたの目の前に立ちはだかる

困難には逃げ出す事では無く

あえて その困難の中へと

入って行ってしまう事だと

言う事です。




それが

有りとあらゆる

困難を解決してしまう

唯一の 真実の道です。




そして

あなたが

堕ちてしまった

その場所は あなたに

必要な場所なのですから

そこから以前の場所へと

帰ろうとか戻ろうとか決して

しない事です。その場所の中で

生き様としてみたら良いのです。




やっと

当り前の場所へと

あなたは降りて来る事が

出来たのです。そこで以前の

場所を恋しがるのでは無く

改めて生きてみる事です。




あなたが

以前の場所へと

戻る事が出来たとしても

あなたは再び慢心してしまい

この場所へと転落させられます。

何度も行ったり来たりを繰り返して

いる内に本当に生きる事に嫌気がさして

しまって それこそ自らの死を選んでしまう

大きな口実と成ってしまいます。




だから あなたが

これから先も ずっと

生きる場所は この場所しか

有り得ないのです。




この場所では

あなたは大した事の無い

あなたでしか有りません。

あなたが今迄に受け容れて来ていた

何でも全ての事が人以上に出来る

あなたなんて何処にも居ません。




だから

大した事の無い

あなたのままで

生きるしか無いのです。




それには

まずは大した事の無い

あなたと向き合ってしまい

大した事の無い 弱くて 駄目で

出来の悪い あなたの事を あなたが

受け容れて上げてしまう事です。




だって あなたは

本当は あなたが大した事の無い

あなただと言う事を どこかで

ちゃんと知っていました。




知っていたけれども

そのままの あなたでは

誰からも愛される事など

出来ないばかりか嫌われてしまい

独りぼっちに為ってしまう事が怖くて

本当の あなたの姿を思いっ切り

否定をして来ていたのです。




それは あなたが

誰かに愛される事ばかりを

望んでいたからです。




誰からも

愛されなくても

良いのです。




だって あなた自身が

誰よりも一番 あなた自身の事を

愛して上げていなかったから あなたは

寂しかったし不幸だったのです。




大した事の無い

本物の あなたが

ただ黙って 大した事の無い

本物の あなたの事を受け容れて

上げてしまえば良いだけだったのです。




大した事の無い

あなたが 大した事の無い

あなたの事を受け容れて上げて

しまう事が愛すると言う事

だったのです。




あなたにも

簡単に出来るでしょう?




それを

して上げて

いなかったから

あなたは これまで

不幸の真っ只中にいて

愛では無い愛を獲得しようと

必死だったのです。




ガラクタばかりを

必死で集め回って生きて

来ていたのです。




考えてみて下さい

あなたを愛する人が

誰か他の人を あなた以上に

愛してしまい心変わりをして

しまう場合だって有るのです。




そしたら

あなたの愛は

無くなってしまい

あなたは不幸のどん底へと

転落してしまいます。それだけで

死んでしまいたくなる事だって

有るのです。




相手が心変わりを

しないで あなたの事を

愛し続けてくれたとします。

けれども その人が病気に成り

或いは事故に遭い亡くなってしまう

事だって無いとは言い切れません。

そしたら あなたへの愛は無くなって

しまうのです。




いつだって

愛は儚いものです。




けれども あなたが

あなたを毎日の様に

受け容れて上げてしまい

愛してしまう事が出来れば

その愛は無くなる事なんて

決して有りません。




あなたが好きな時に

好きなだけ あなたに愛を

降り注いで上げる事が出来るのです。




その愛は あなたが

死ぬまで あなたの手で

注ぎ続けられるのです。




毎日 草花に

お水を注いで

上げる様にしてね。




フッとした時に

我に返って大した事の無い

あなたを あなたの中に見つけて上げて

受け容れて上げてしまうのです。




弱くて 駄目で

情けなくて 出来の悪い

あなたの事を受け容れてしまうと

言うのは あなたが あなたを見失って

いる所から帰るのには その言葉が

最も近いからです。




あなたが

あなたの事を

見失ってしまって

居る時と言うのは出来の良い

あなたや何かの出来た あなたに

見入ってしまっている時なのです。




そんな所から

本来の あなたの場所へと

帰るのには あなたが何処までも

あなたに正直成って上げてしまい

あなたの中の 弱くて 駄目で

情けなくて 出来の悪い あなたの姿を

探し出す事で あなたは本来の自分の姿を

受け容れる事が出来ます。




あなたが弱くて

駄目で 出来の悪い

あなたの事を受け容れて

上げてしまうと それまでの

出来の良かった あなたは一瞬で

消え去り無くなってしまいます。




そして何も無い

空っぽの あなたの空間に

出会う事が出来ます。




そここそが

あなたの日常の中を

生きられる本当の あなたの

場所です。




何の やり方も

何もかも要らないのです。




だって

あなたの中には

大きな空間と繋がっている

あなたが入り込んでしまって

いますから




あなたが

何も考えなくても

あなたの中の大きな空間の

中に備わっている豊かな感受性が

何かを感じ取ってくれますから




あなたの

それまでの

どんな体験や

経験や知識も必要など

無いどころか それらは

新たな未来を封じ込めて

しまうだけのガラクタなのです。




あなたが

此処までの事を

理解する事が出来てしまい

何も無い空間として生きる事が

出来ている時 あなたは何も出来なくても

誰から愛されなくても良いのですから

何でも出来てしまうし あなたが

あなたを愛しているから あなたは

いつだって愛で満タンなのです。




その愛で満タンな

人からの愛を求めなくても

良く成った人だけが




幼い頃から

愛される事を

充分にして来なかった

人達の助けに成れます。




幼い頃から

愛される事を

充分にして来なかった

人達が本当の自分の事を

解る前には連れ合いや身近な人の

愛を確かめようとする事をして来ます。




それは本人も

自覚の無いまま

無意識で自分の身近な者の

愛が本物かどうかを確かめに

掛かって来ます。それは反抗期で有ったり

反抗期など無いままに育ってしまったならば

結婚をした伴侶に それを出してしまう時期が

有ります。それは時に酷い仕打ちの様に感じられる

事まで平気でやってしまいます。正気なのかと

思う事もするかも知れません。




そこで しっかりと

受け止めて上げる事が

出来てしまう事が幼い頃に

愛されて来なかった人達が

無理や背伸びなどしてなど

いない自分のままでも良いのだと

思える切っ掛けとなり本来の自分を

受け容れる事の出来る機会と成ります。




それには自分を

自分の手で愛せる事が

出来てしまい人からの愛を

当てにする事など無くなった

人達ならば そんな困難にも

しっかりと対応する事が出来ます。

いつ終わるか解らない困難にも

そんな あなたならば大丈夫です。




その様な意味でも

あなたが此処までの事を

理解し そこで毎日を生きる事の

出来る必要が有るのです。




空こそ

全てを育み

全てを含んだ

大きな愛と大きな命

そのものです。
























































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2016-05-24 11:19 | 恋愛 | Comments(0)  

あなたを受け容れてしまう事で起こる数々の喜び







毎日の中で

何かに夢中に

成ってしまったり

何かに埋没してしまう事が

有ったとしても構わないのです。




フッと

我に返った時に

もう そこまでの

全てが終わり何もかもが

無くなってしまっていると言う

事実中の事実を見破って上げるのです。




それだけで

実際に何もかもが

無くなってしまいます。




そこに真新しい

何もかもが無い広々とした

大空間が横たわっています。




その大空間は

宇宙の果てまで

続いている どでかい

大空間で有り 本当に

何も無いし何も見当たりません。




それは

純粋な無であり

生まれたばかりの空です。




その中には

何も見当たらないけれども

何か目に見えないもので

一杯に成っています。

満タンです。




その中味の目には

見えない充満している

満タンのエネルギーの塊の

方こそが あなたなのです。




それは

余りに大き過ぎて

あなたが把握する事なんて

出来ません。あなたが把握する事が

出来ない時に どうしたら良いのか

知っていますか?




把握する事が

出来ない時には

その中に あなたの

身を委ねてしまい味わって

しまえば良いだけなのです。




呑み込まれて

あなたが その中の一部と

成ってしまう事で全体が解ります。




あなたが全体に

溶け込んでしまう事で

あなたは全体に成れてしまうのです。




この方が

把握する事よりも

ずっと深く身を持って

実感で物事を捉える事が出来ます。




そして

今迄あなたが

不幸だったのは




あなたが

無理をしたり

背伸びをしてしまう

本来の あなたの姿では無い

あなたを肯定してしまい




その分

あなたの中の

弱くて 駄目で

情けなくて 出来の悪い

本物の あなたの事を誰よりも

あなた自身が否定をして来て

しまっていたから

だけなのです。




それは

あなたが

あなたの中で

誰かに愛される事

ばかりを無意識に求めて

しまっていたからです。




誰かの眼を

誰かの愛を引き寄せる為に

あなたは そうまで無理をし

そうまで背伸びを自分に強いてしまい

あなたでは無い あなたの姿を演じて

来てしまっていたのです。




誰かに

愛される事を

求めなくても

もう 良いのです。




誰にも

愛されなくても

あなたが 弱くて 駄目な

あなたのままで 




弱くて 駄目な

あなたの事を ただ

受け容れて上げてしまえば

良かっただけだったのです。




それさえ

出来ていれば

あなたには何の無理も

何の背伸びもする必要など

無かったのです。




もう誰かの

ご機嫌なんて

取らなくたって

良いのです。




誰から

嫌われたって

全然構わないのです。




誰かに

嫌われてしまう事など

怖れなくても構わないのです。




弱くて

駄目で 情けなくて

出来の悪い あなたのままで

伸び伸びと生きて構わないのです。




もう

縮こまら無くたって

良いのです。




その代り毎日

毎秒 毎瞬間に あなたが

駄目な あなたのままで 駄目な

あなたの事を受け容れて上げて

しまうのです。




そしたら誰の愛も

要らないのです。あなたが

あなた自身の事を愛するよりも

あなたの事を愛する事が出来る人なんて

この世の中には誰一人として居ません。

だって四六時中に渡り あなたの事を

愛せる人なんて他には誰も居ません。




あなたは本当に

芯から満たされてしまいます。




もしも

あなたが

満たされて

いない時には

あなたが駄目な

あなたの事を受け容れて

上げていない時なのです。




再び あなたが

あなたでは無い あなたで

生き様としてしまっている

時でしか無いのです。




だから

いつも本当の

あなたで居られる様に

フッと我に返った時には

先程までの全てが既に終わって

しまっている事に気づいて上げてしまい




改めて何もかもが

無くなってしまっている

目の前の空間を受け容れて上げて

しまえば良いだけなのです。




それが あなたに

出来た時 あなたの傍に

誰もが とても居易く成ります。




あなたの中の

弱くて 駄目で 情けない

本当の あなた自身の事を

あなたが受け容れてしまっている事が

一瞬の内に空気の様に伝わってしまうからです。




あなたの前だと

自分の中の 弱くて

駄目で 情けない本当の自分を

隠す必要が無くなってしまい自分が

許されている事を感じられるから

誰もが伸び伸びとした自分達で

居られる様に成れるのです。




逆に

あなたが

無理をしたり

背伸びをしている

あなたの方を受け容れて

居る時には誰もが あなたの前では

無理をしたり 背伸びしなければ

為らなくなってしまっていたのです。

それも無言の重圧でなのです。




あなたが

本来の 弱くて

駄目で 情けなくて

出来の悪い あなたを

受け容れて上げて本物の

あなたで生きる時 あなた

一人だけの問題では無くて




他の人達が

本物の自分達で

生きられる可能性の扉を

開けて上げている事でも有るのです。




特に無理をし過ぎて

限界に達してしまい転落して

しまって来た人達にとっては

あなたは その人達の進む方向を

照らし出してしまう灯台の様な

存在と成れてしまっているはずです。




駄目な あなたで

駄目な あなたの事を

受け容れて上げてしまい

芯から満たされ切ってしまった

あなただけが全ての人の灯りと成ります。




勿論 あなたには

そんな事も どうでもよく

次から次へと新しくなって行く

空間の上に降り立ってしまう事だけです。




そうしている事が

あなたの自覚など無くても

多くの人達の灯りに自然に

成ってしまうと言う事なのです。




助けている

つもりも無いのに

感謝をされてしまう様な

何かが あなたから自然に

あなたの周り中に溢れ出して

しまっていると言う事なのです。




それは

あなた自身を

愛する事から自然に

生まれてしまう何の見返りも

求めてなどいない真実の愛の

姿なのです。




全ては

駄目な あなた自身を

駄目な あなた自身の手で

受け容れてしまう事から生まれる

あらゆる命への慈しみなのです。




それが

あなたの中の

奥深い場所に感じられる

小さな空間と身体を隔てた

外側の大いなる空間へと全てを

委ねてしまった事から起こる

数々の奇跡です。





















































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2016-05-23 10:24 | 恋愛 | Comments(0)  

何も出来ないのに 芯から満たされていて 堂々としている人






何も無い

空っぽの空間は

あなたの眼の前に

いつだって何処までも

広がっています。




ただ

あなたが

それまでの

あなた自身の全てを

手放してしまう事が

出来るだけで




あなたは

何処までも広がる

本来の あなたの場所へと

辿り着く事が出来てしまいます。




あなたが

生まれ出して来た

その場所へと帰り着く事が

出来てしまうのです。




けれども

あなた自身の全てを

手放してしまう事が

あなたには怖ろしくて

出来ないのです。




あなたの

今迄の生きて来た

体験や そこから得て来た

経験や知識の全てまでもを

手放してしまう事が あなたには

怖ろしいし難しく思えてしまうのです。




何故 体験や

経験や知識までもを

捨てなければ為らないのかと

言うと あなたが俺とか私とか

言う時に あなたは一体 何を

指して俺とか私とか自分とかと

言っているのかと言うと




あなたは

この身体はねとは

言っていないのです。




それまで

あなたが生きて来た

上で得て来た 体験や

経験や知識を指して 俺とか

私とか自分と言っていたのです。




だから

それまでの

あなたの事を

手放してしまう時に

何を手放さなければ

為らなくなるのかと言うと




あなたが

大事にして来ていた

体験や経験や知識などを全て

手放さなければ為らなく成る事が

あなたには怖ろしかったのです。




そんな事をすれば

もぬけの殻に成ってしまい

何もかもが無くなってしまって

それまで色々と出来ていた自分が

何も出来なく為ってしまうと感じて

しまうからです。




あなたの

唯一の拠り所に

して来た物が無くなって

しまうと自分が 自分では

無くなってしまう気がして

怖ろしかったのです。




その通りなのです。

あなたの恐怖は正に

的を射ています。




あなたでは

無くなって欲しくて

それまでの全てを捨てて

欲しいと言っているのです。




何故ならば

あなたの中に

出来上がっている

あなたは それまでに

あなたが 無理をしたり

背伸びをする事に依って

作り出されて来た あなた

だからです。本物の あなたの

姿では無いからです。




だって あなたが

出来ている全ての事は

あなたが あなたの周り中からの

借り物の やり方で出来ているに

過ぎないからです。




そこには あなたが

独自で編み出した物など

何一つとして無いからです。




全てが誰かの物真似や

盗んで来た物ばかりだからです。




そして

こっちの誰かの

物真似をしたものと

あちらの誰かの物真似を

したものとを継ぎ足しては

ブレンドし掻き回しただけの物が

あなた独自の物だなどと誤魔化して

いるだけなのです。




そんな物は

全部が二束三文の

ガラクタです。




此の場凌ぎの

自分が何かを やれた格好に

する事で自分が出来ない人間では

無いと周りの人達に思って貰う為の

方法に過ぎなかったのです。




お茶を濁す為の

道具だったのです。




本当に何かを

やる為の物では無くて

さも やった様な格好に

見せ掛ける為だけの物に

過ぎなかったのです。




そんなものは

ガラクタ以外の

何物でも有りません。




あなたが

出来る事を少し

調べてみましょう。




あなたが御飯を

食べる時に使うお箸の

持ち方や そのお箸を

右手に持つ事や 御茶碗を

左手に持つ事などを誰かに

教えて貰えたから あなたは

それが出来ているだけの事です。

あなたが出来る計算も文字も全部が

誰か周りの者達から教わったものに

過ぎません。そして あなたが話している

言葉も周りの者達から あなたは教わって

初めて話す事が出来ているのです。




そうやって

じっくりと あなた自身の

出来ている事を観察して行くと

そこには何一つとして あなたが

独自で誰からも教わらずに出来ている

物など何一つとして無い事が解ります。




あなたは まだ

この世の中に無かった

物など一つも編み出せてなど

いないのです。




そして更に

あなたが何かが

出来た時に あなたは

あなたの中で自分が出来た事として

あなたの中に出来る自分を出来た成果を

積み上げて行きます。




なのに

あなたが何かが

出来なかった時には

あなたは それを何かの

所為にしたり誰かの責任に

してしまいます。言葉の表面では

自分の所為であり自分が悪かったと

認めている様な事を言っていても

あなたの腹の中では何かの所為に

すり替えてしまっていて自分の責任には

成っていないのです。




すると 

あなたの中では

あなたが出来た事ばかりが

積み上がり あなたは出来る人と

成ってしまっています。




これこそが

不公平の極みなのです。




あなたが出来ない時に

人の責任や物事や状況の所為に

するのならば同じ様に出来た事も

あなたの出来た事や あなたの成果になど

しなくて誰かや物事や状況によって出来たに

過ぎない事だと捉えて あなたの出来た事では

無い事として捉えなければ為らない

はずなのです。




逆に出来た事を

自分の中に成果として

積み上げるのならば あなたが

出来なかった事も あなたの責任にして

何処の所為にも誰の所為にもせずに出来なかった

成果として あなたの中に積み上げるべきだったのです。




それを

あなたが

出来ていたならば

あなたの中に出来る

自分ばかりが積み上がる事など

決して有りませんでした。




本当は出来る

あなたなど何処にも

存在などしていなかったのです。




だから

それまでの

あなたの体験や

経験や知識の中で

残して置くほどの物など

本当は何一つとして無かったのです。




そして

此処からは

それだけでは無く

更に あなたなど

一度も居なかった事に

決定的となる事実が

あなたの前に広がります。




良く覗き込んだならば

今迄の あなたにとっては

致命的な事実です。




それは

時は止まる事無く

流れ続けていると言う

現実の認識が あなたには

欠けていて一切 成されては

いなかったと言う事実です。




あなたが

置いておきたかった

あなたの体験や経験や知識などの

一斎の物の全ては既に此の場の中から

消えてしまい 実際には何一つとして

残されてなどいなかったのです。




それは

過ぎ去った

記憶を あなたの中に

残こしているだけで現実には

全てが無くなってしまっています。




記憶は記憶であり

現実では決して有りません。




過ぎ去ってしまった

既に現実としては終わっている

残骸を あなたは現実の様にして

抱きかかえて生きていた

だけだったのです。




本当は

あなたの中には

何一つとして残ってなどいないと

全ての事を解っている場所が有ります。




それが

あなたが

あなたの中で

否定をしてしまっている

弱くて 駄目で 情けなくて

出来の悪い あなたの場所です。




その場所の あなたは

勘違いをして出来上がっている

無理をしたり 背伸びをし続けて

来ている あなたから完全に否定を

され続けています。




本当は既に居ない

過去の産物である偽物の

あなたに依って 本物の あなたが

虐げられ否定をされ続けて来ています。




その事実に気づき

見破ってしまえば良い

だけだったのです。




あなたの中で

止めたり 押したり

引いたり 歪めたり

貶めたり 否定をしたり

何かを力技で やってしまう

事などでは無かったのです。




ただ眺め続けていると

全てのカラクリが見えて来て

しまいます。




そして

あなたが生きる

場所の本物の あなたが

どれなのかも解ります。




本物の

何の無理なども

していない 弱くて

駄目で 情けなくて

出来の悪い あなたで

弱くて 駄目で 出来の悪い

あなたの事を受け容れて上げて

しまうだけだったのです。




それだけで

あなたは充分に

満たされ切ってしまいます。

いつまでも居心地の良い その場の中に

留まっていたいのですが その居心地の良い

場所さえも次の瞬間には消え去ってしまい

何もかもが無くなってしまっています。




その事実さえも

今度は逃げ出したり

否定をしたりせずに 何もかもが

無くなってしまった本物の あなたで

受け容れて上げてしまうのです。




そして あなたの身体を

隔てた外側の途方も無く大きな

空間の方である宇宙の全体に あなたの身を

委ねてしまえば良いのです。何処まで広がって

いるのかなんて解りません。ただ これだけは

感じる事が出来ます。それは今も ぐんぐんと

育っています。広がっています。




何もかもが

無くなってしまった

空っぽの空間に自由自在に

行き着ける様に成れたならば




今度は

その空っぽの中味が

何も無い空虚な がらんどうでは無くて

何かが一杯に充満している事にまで気づき

その充満している透明な何かの方で在る事にまで

気づいて上げておいて下さい。




何処までも広がる

大きく巨大な空間全体に

充満している活き活きとした

真空さの中味の方こそが本物の

あなたの姿なのです。




そこに秒単位で

毎瞬間に あなたの身を

あずけ委ねてしまうのです。




無くなれば

無くなった事実の方を

受け容れて上げて 再び

何も無い空間の中に在る

活き活きとした中味の方を

受け容れて上げてしまいます。




そして そこに

あなたの身を委ねてしまうのです。

その中味に溶け切って上げるのです。




そして

私生活でも

仕事上でも毎日の

目の前の物事に そのままの

まだ何も出来ていない生まれ立ての

空間としての あなたのままで目の前の

物事を ただ受け容れて上げてしまうのです。

すると そこに こうしてみたいと感じる事が

浮かび上がって来てしまいます。




それが今迄の

あなたから持って来た

やり方では無かったならば

その浮かんで来た やり方と一緒に

動いて上げれば良いのです。今迄に

誰も一度もした事の無い やり方が

生まれて来てしまうとしたならば

そこからだけです。




今日の天気に

今日の状況に一番相応しい

やり方が生まれて来てしまう筈です。

そのコツを体得してしまうのです。




但し そのやり方は

今日一日だけの物ですから

使い終わったならば今日の中へと

置き去りにして行く事です。




あなたが何も

持ち込まなければ

再び 何も出来ない

あなたが誕生しています。




その何も出来ない

あなたが 何も出来ないままの

あなたで物事に向き合う事が出来て

受け容れる事が出来てしまうと昨日とは違う

物事のやり方が生まれて来てしまいます。




あなたは こうする事で

毎回の様に大きな成果を

上げる事が出来てしまいます。

けれども それは目の前の物事の方が

教えてくれた事に過ぎず あなたが編み出した

物でも何でもない事を知っていますから

あなたの中に出来る あなたなど育たずに

あなたは相も変わらずに何一つ出来ない

弱くて 駄目で 情けなくて 出来の悪い

あなたのままなのです。




それで良いのです。

何も出来ない あなただからこそ

豊かな感受性が宿り その途方も無い

感受性で物事から真新しい誰も気づけなかった

やり方を感じ取って上げる事が出来るのです。




あなたは

あらゆる事が出来ても

何も出来ない人のままなのです。




何も出来ない

あなたのままなのに

あなたは とても静かで

穏やかで堂々としています。

























































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2016-05-20 10:24 | 恋愛 | Comments(0)  

真実と共に生きる人とは







あなたの中の

弱くて 駄目で

情けなくて 出来の悪い

あなたは それまでの有りと

あらゆる体験や 経験と言った

物から何一つとして持ち出す事の無い

あなただから 弱いし 駄目だし

情けないし 出来が悪いのです。




一斎の経験が

過去の物ですから

過去を下敷にしてしまったら

未来は全て過去の繰り返ししか

出来なく為ってしまいます。




どんな事を

する上に置いても

過去を下敷になど全く

出来ない場所こそが新たな

未来を切り開いて行く事が

出来ます。




その場所こそが

あなたが あなたに

何処までも正直に成って

行った先の メチャメチャに

弱くて メチャメチャに駄目で

メチャメチャに情けなくて

メチャメチャに出来の悪い

あなたの場所なのです。




そこは一切の

過去など背負っていない

今日の中に生きる丸裸の

あなたの姿なのです。




何の拠り所も

持ち合わせてなど

いないから とても

怖いのです。




けれども

その怖さには

あなたは馴れる必要が

有ります。だって有って

当り前の怖さだからです。




あなたは

この先 いつも

初めての体験ばかりを

して生きて行くからです。




そして

あなたの今日の

経験や体験を全て

その場へと置き去りにして

行く必要が有るからです。




今迄の

どんな経験も

体験も新しい物を

生み出す事の邪魔にしか

成らないからです。




そして

そんな物を あなたが

持ち合わせていたならば

あなたは自分の力を錯覚して

しまい勘違いをしてしまう事にしか

為らないからです。




あなたの中に

少しでも過去の体験や

経験を残していたならば

あなたは何かの出来る人に

成ってしまっています。




本当の

あなたは

何一つとして

出来ない人こそが

あなたの真実の姿です。




物事が

終わって

全ての体験や経験を

その場の中に置き去りに

する事が出来てしまえたならば




過去の去った

次の瞬間には あなたは一斎

何一つとして持ち合わせてなど

いない 何も出来ない あなたでしか

無いのです。




あなたが

そこに在るだけの

真実の あなたの姿で

生きる事が出来ているのか

どうかだけなのです。




何事の

前においても

真実の何も持たない

純粋で無垢で生まれ立ての

あなたとして生きているか

どうかだけなのです。




あらゆる問題は

真実の あなたとして

生きているか どうかを

問われ続けているだけなのです。




此処までの事を

解らせてくれた真実の

体験や経験さえも残していたら

それは邪魔にしか為らないのです。




何故なら

あなたが次の

真実に出会う機会を

奪い続けてしまうからです。




あなたが

真実に触れた

体験を あなたの中に

残しておくと いつも

あなたは あなたの中に

置いてある その体験に

立ち返ったり それと比べる

事をしたりする指標として使って

しまうのです。




あなたが

その真実の

体験を置いておくと

新しい真実の体験には

出会う事の邪魔にしか成って

いないのです。




そして

それは既に

真実などでは無くて

真実に触れ合った時の

記憶であって そこには

リアルな真実など とっくに

無くなってしまっています。




あなたの

抱きかかえている

それは真実の干からびた

ミイラの姿です。真実の屍です。




真実は もっと

瑞々しいものです。




あなたが

体験した真実に

触れた時の体験は

ホンの何度かだけです。

だから あなたは あなたの中に

その時の記憶を後生大事に

留めておきたがるのです。




その貴重な

体験を他の体験と

変わりなく捨てない限り

あなたは二度と本物の真実には

出会う事など無く 生涯に渡り

過去の真実との出逢いの記憶と

あなたは出会い続けて真実に何度も

出会えている気に成るしか無いのです。




それで人は

何十年間も無駄にして

しまいます。自分に騙されて

しまうのです。




自分に

騙されていた事を

見破る事が出来たのに

真実の体験をした自分には

あっさりと騙され続けて

しまうのです。




それも他の

経験や体験と同じ

物の様に見れなければ

駄目です。何も特別な

事などでは有りません。




その真実の

体験を その場に

置き去りにしてしまう時

あなたの中には本当に何一つとして

無くなってしまいます。




その何一つとして

無くなってしまった

何も無い空間としての

あなたの状態を受け容れて

上げてしまえば それが真実の

あなたとの新たな触れ合いと成って

しまいます。




けれども

それさえも

直ぐに過去と成り

消え去って行きますから

あなたの中に残さずに その場へと

置き去りにして行くのです。




すると再び

あなたの中には

何一つとして無くなってしまった

真新しい新鮮で無垢で純粋な何も無い

空間としての あなたが誕生しています。




それが新たな

真実との出逢いに成ります。

けれども それも直ぐに無くなって

しまいますから その場に置き去りにして

行くしかないのです。持って行ったところで

直ぐにミイラ化してしまうのです。

死んでしまった真実なのです。




こうして

秒単位で過って

あなたが体験した

真実との触れ合いを

毎瞬間の中で 実際に

見い出してしまい受け容れて

上げて行くのです。




だから

あなたの眼は

意識は常に内側に

向きっ放しです。




他を見ている

暇なんて少しも

有りませんから。




それが

あなたの中で

見い出す事が出来れば

出来る程 あなたは真実と

共に生きてしまっています。




あなたからは

新鮮で 瑞々しい

真実の香りが いつも

いつも 放たれています。




その香りに

触れるだけでも

本当に苦しんで来た

人達は一瞬の内に全てが

癒されてしまうはずです。





































































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2016-05-19 14:57 | 恋愛 | Comments(0)  

あなたの眼を あなたの内面に注ぎ込んでしまう事から生まれる道









あなたは

とても大きな

勘違いをして

しまっています。




あなたが

無理をしたり

背伸びをして何かを

成し遂げたとしても




或いは

どんなに

立派な事をして

多くの人達に認められ

受け容れて貰えたとしても




一時的には

確かに幸せな

気分に成れます。




けれども

その倖せ感は決して

長続きしないのです。




次の瞬間には

もう人々は他の

より刺激の強い物に関心が

移ってしまうのです。




それと共に

あなたの中の

倖せ感の方も まるで

潮が引く様に消え去って

しまいます。




そして あなたは

再び以前の あなたに

逆戻りしてしまいます。




その為に

あなたは再び

多くの人達の関心を

自分に引き付け様として

以前よりも更に無理をしたり

背伸びをしてでも 何かを

成し遂げようと必死に成ります。




だって

せっかく手に入れた

出来の良い自分の姿が

人々の関心が薄らぐ事に依って

消え去り無くなってしまう事が

あなたには解るからです。




だから

あなたの

無理や背伸びは

必死ですし命懸けです。




けれども

残念ながら

何かを成し遂げたり

誰かに認められたり

する事では あなたが

芯から満たされてしまう

倖せ感を得る事は決して

出来ないからです。




あなたが

芯から満たされてしまう

歩みは それとは全然 別な

方向に隠されています。




別に あなたが

何かを やり遂げたり

誰かに認められる様な事が

出来ていなくても全然

構わないのです。




今 あなたが

様々な事に失敗してしまい

どん底の状態に有る人だとしても

或いは失恋したり離婚をしたりして

失意のどん底に有る人だとしても

そんな事は何の問題でも無いのです。




あなたが芯から

満たされてしまうには

あなたが何かを成し遂げる事で

御褒美として愛を貰えるのでは無くて




あなたが

何も成し遂げたり

していないのにも拘らずに

毎日の様に最初から あなたが

愛で満たされ続けてしまうのです。




愛は何かの

御褒美などでは無くて

いつでも あなたを一杯に

満たしてしまう事が当たり前に

成っているものなのです。




そして

ここからが

最も大切な事です。




あなたの事を

愛で一杯に満たして

上げる事が出来てしまうのは

誰かや何かでは無くて あなたが

あなたの手に依って あなた自身の事を

満たして上げてしまうのです。




それには

今迄あなたの

外側にばかり

向けられていた

あなたの眼を あなたの

内側に 内面に向け切って

上げてしまうのです。




あなたの

内側にこそ

本物の あなた自身が

隠されています。




いいえ

長い間に渡り

本物の あなたは

無理や背伸びをする

偽りの あなたに依って

閉じ込められたままなのです。




それも

作り物で偽物の

あなたの手に依って

本物の あなたは長い間

あなたの中に閉じ込められ

続けて来てしまっていたのです。




いつも

あなたの中で

感じられる心の動きを

否定され駄目だしをされ

続けて一度として陽の目を

見せて貰う事が無かったのです。




それが

あなたの中の

弱くて 駄目で

情けなくて 出来の悪い

あなたの姿だったのです。




あなたの

表面に作り上げている

無理をしたり 背伸びをしている

あなたの姿は あなたの内面の本物の

あなたの姿である




弱くて 駄目で

情けなくて 出来の悪い

あなたの姿を否定する事に依って

成り立っているのです。本物の

あなた無しでは成り立つ事も出来ない

あなたでしか無かったのです。




だから あなたは

いつも あなたの中で

あなたの事を否定し それでも

飽き足らずに人様の事までも否定をし

自分の方が凄いのだと思わなければ

居られないのです。




人を否定し

こき下ろす事を

しなければ成り立たない

あなたの姿でしか無かったのです。




自分の事を

成り立たせる為には

人を否定する事が必要だったし

必死だったのです。




そんな哀れな

あなたの姿など

諦めてしまい手放して

しまえば良かっただけなのに

それが出来なかったのです。




どうして

良いのかが全く

解らなかったのです。




それには

表面の作り上げた

無理をしたり背伸びをしている

あなたの姿は放って置いたままで

スルーをしてしまいます。




そして

あなたの中の

弱くて 駄目で

情けなくて 出来の悪い

本物の あなた姿を その

出来の悪い あなたが向き合って

上げてしまい ただ受け容れて上げて

しまうだけの事なのです。




本物の駄目な

あなたの事を本物の

駄目な あなたが受け容れて

上げてしまうのです。




それは

本物の あなたにしか

出来ない事なのです。




いくら

偽物の無理や

背伸びをしている

あなたが必死で弱くて

駄目で 出来の悪い本物の

あなたの事を受け容れようとしても




それは

せいぜい

やれたとしても

頭の中で自分に言い聞かせる

事ぐらいしか出来ないのです。




それは

受け容れている

事とは全く違う事ですから

あなたが満たされてしまう事など

有り得ないのです。




本物の

あなただけが

本物の自分の事を

受け容れて上げてしまう

事が出来るのです。




偽物が本物を

受け容れてしまう事など

出来るはずが無いのです。




本当の

あなたが

あなたの事を

受け容れて上げてしまうと

あなたは本当に芯から

満たされ始めます。




今迄の様に

満たされた感が

直ぐに消え去って

しまう事など無くて

ずっと あなたの中に

満たされた感が在り続けて

くれるのです。




そして

あなたの中の

何もかも満たされてしまい

何一つとして必要など無くなり

何も要らなくなった あなたが

初めて目の前の物事に取り組む事が

出来ます。




だって

あなたは物事を

やり遂げる事に依って

達成感を手に入れたかったり

誰かに認めて貰う事など これっぽっちも

求めていないからです。




だって

あなたは既に

倖せ感で一杯で

芯から満たされて

しまっているからです。




必要ならば

いつだって自分が

自分の事を受け容れて

上げてしまえば それだけで

それまでには一度も味わった事の無い

芯から満たされてしまう倖せ感を

得る事が出来てしまうからです。




だから

あなたは

物事が出来る

事に依っての自分が

倖せに成る為の一斎を物事に

抱き合わせてなどいないのです。




ただ純粋に

その物事が上手く

行く為には どうしたら

良いのかだけを真剣に考える事が

出来てしまいます。




あなたに真っ先に

必要なのは あなたの事を

芯から満たしてしまう愛の方が

何よりも先に必要だったのです。




それは

何も出来てなどいない

今でも 直ぐに あなたに

出来てしまう事なのです。




ただ

あなたの眼を

あなたの内面に

向け切ってしまう事で

全ては 始まり出します。






























































あなたの
心の見つめ方の
手助けが出来ます。

誰も知らない楽な生き方
絶望から あなたを救い出し
生きる上での大きなヒントを与える
http://ningen-monogatari.com/sub15.html












大切な人と
大切な日々を生きる為に

自分の見つめ方を 学ぶ道 
人間物語が贈る 「自分の心の育て方 講座」
http://www.人間物語.com/

by 1000nen-ai | 2016-05-18 11:05 | 恋愛 | Comments(0)